高松八幡宮


高松八幡宮の地図情報☜

高松八幡宮について

麻郷の高松山の鎮守の杜とする、由緒深い氏神社です。創建以来麻郷、麻里府、伊保木三村の総鎮守、氏神として崇敬されてきましたが、寛政8年(1796)に伊保木村は当宮より御分霊を勧請し磯辺八幡宮を創祀したことにより、その後、麻郷、麻里府両村の氏神社として今日に至っています。高松八幡宮の樹林は、県の自然記念物に指定され、山口県の自然百選にも選ばれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-1513 
山口県熊毛郡田布施町大字麻郷2535番地

交通アクセス

(1)JR山陽本線田布施駅から5分

すべての基本情報を見る

高松八幡宮は、八幡神社の重要な分祠であり、1602年に創建されました。その創建は、徳川家康(徳川幕府の初代将軍)によって行われました。宮殿は徳川家康が政治的に高松に拠点を置いた際に慶祝したものとされています。以来、高松八幡宮は約 400 年にわたり、民間の供養場として重要な役割を果たしてきました。

高松八幡宮は、地域の皆様にとって大変な信仰の場所となっています。高松八幡宮では、宮内には大きな神社、仙台神社、櫛田神社などがあります。また、宮殿内には、多くの利益がある八幡宮祭りも開催されています。この祭りは、毎年多くの人々が訪れ、神社の神様への信仰を表現しています。

高松八幡宮は、文化的な歴史的な価値を持つ重要な施設であり、地域の皆様にとっても大変な利益をもたらしています。高松八幡宮は、文化的な歴史的な場所として重要な役割を果たしており、今後も地域社会に大きな貢献をし続けることでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。