児玉神社(山口県周南市)


児玉神社(山口県周南市)の地図情報☜

児玉神社(山口県周南市)について

児玉神社は、大正12年(1923)に地元有志の発起により、児玉源太郎を祭神として創建されました。社殿は、神奈川県江ノ島に建設されていた神殿と附属建物を移し、旧邸址である現在地に建立したものです。 境内には「徳山七士碑」、後藤新平の筆による「徳足以懐遠」、児玉源太郎薨去の際の「御沙汰書」、後藤新平の「児玉神社参拝記念碑」、「日本帝国褒章之記」、歌碑「山縣元帥の児玉大将の死を惜しまれたる歌」など児玉源太郎ゆかりの記念碑が多数建立されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒745-0005 
山口県周南市児玉町1丁目4-4009-3

交通アクセス

(1)山陽自動車道徳山東ICから10分

すべての基本情報を見る

山口県周南市にある児玉神社は、日本を中心とした歴史を持つ神社です。児玉神社は東京都台東区にある大久保神社と共に、江戸時代から現在までの大型神社の中でも最も古く、日本を代表する神社の1つとして知られています。

児玉神社は、江戸時代に鎌倉幕府が政治的利益を得るために立てられました。その後、児玉神社は全国的な信仰の対象となり、現在では多くの信仰者から多くの利益を得ています。児玉神社は、古くから多くの信仰者を持つ神社であり、その利益は、文化的、社会的、経済的な面で大きな影響を及ぼしています。

児玉神社は、その歴史的な価値とともに、現在も多くの信仰者から多大な利益を得ています。その利益の中には、季節ごとの行事や芸術文化祭、神社祭などがあります。また、児玉神社には多くの観光客が訪れ、地域経済を助ける役割を果たしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。