龍雲寺は、山口県周南市に位置する古刹です。15世紀に建立されたと言われています。歴史的な建造物として、国宝となっています。龍雲寺は、創建者・朝倉利左衛門氏を祀るために建立されたと言われており、仏教徒の憩いの場としても知られています。

龍雲寺は、無数の祈りを行ってきた歴史的な建造物であるため、多くの信者が詩を詠んだり、祈りを行ったり、仏教徒のためのイベントを開催したりしています。また、龍雲寺は、歴史的な建造物としての利益を享受しています。国宝になることで、龍雲寺を支援するための募金が行なわれており、また、龍雲寺の周辺には、観光客を積極的に受け入れるための施設が整備されています。

龍雲寺(山口県周南市)


龍雲寺(山口県周南市)の地図情報☜

龍雲寺(山口県周南市)について

応永15年(1408)に創建された臨済宗の古刹。龍頭苑,白水苑,大望園と樹姿,配石の妙を得た三庭がある。境内には知恵を授かる文珠堂もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒745-0302 
山口県周南市大地庵(鹿野上3272)

交通アクセス

(1)JR山陽本線徳山駅から50分

すべての基本情報を見る

龍雲寺は、山口県周南市に位置する古刹です。15世紀に建立されたと言われています。歴史的な建造物として、国宝となっています。龍雲寺は、創建者・朝倉利左衛門氏を祀るために建立されたと言われており、仏教徒の憩いの場としても知られています。

龍雲寺は、無数の祈りを行ってきた歴史的な建造物であるため、多くの信者が詩を詠んだり、祈りを行ったり、仏教徒のためのイベントを開催したりしています。また、龍雲寺は、歴史的な建造物としての利益を享受しています。国宝になることで、龍雲寺を支援するための募金が行なわれており、また、龍雲寺の周辺には、観光客を積極的に受け入れるための施設が整備されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。