遍照寺


遍照寺の地図情報☜

遍照寺について

遍照寺は浄土真宗のお寺で、みすゞ通りに面して建っています。山門をくぐり、境内にはいると「こころ」の詩碑があり、入口左手にみすゞや金子家の人々の墓があります。毎年3月10日のみすゞの命日には、たくさんの人が集まります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4106 
山口県長門市仙崎今浦町1776

交通アクセス

(1)JR仙崎駅から15分

すべての基本情報を見る

遍照寺は、山口県長門市にある歴史的な寺院です。その最古の記録は、1241 年に尊天上人千古斎が建立したとされています。あの伊勢神宮と同じくらい古い歴史を持つ寺院です。

遍照寺では、当初から仏教の文化を育ててきました。その功績は今もなお続いています。例えば、境内を拝観する観光客も多く、参拝客も多く集まっています。近年では、施設内で新しい文化施設も設立されています。

また、遍照寺は多くの利益を生み出しています。現在では、観光客を募集するために、若者を招いて講習会を開催しています。また、以前は農業を行っていたこともあり、現在では農業を行う学校があります。

遍照寺は、数多くの歴史を持つ古い寺院であり、今もなお多くの利益を生み出しています。

遍照寺は、岡山県笠岡市にある寺院です。遍照寺は約1,200年前に創立された古寺で、歴史は豊かです。現在は、境内には唐招提寺の本堂と招提蔵、釈迦堂、梵殿があり、菩提樹もあります。また、山門や山門前の四面堂など、多くの建造物があり、歴史的な価値が高く評価されています。

遍照寺は鎌倉時代に創立されたと言われており、信仰の対象として熊野大社を祀っています。現在も、新宮参道を歩いて鎌倉まで行く参拝者が多く、多くの信者に愛されています。

現在、遍照寺は年間を通して多くの行事が行われており、歴史的な建造物を維持するために、多くの工事が行われています。また、仏教文化を伝えるために研修や講演会なども多く行われています。

遍照寺は、香川県丸亀市にある真言宗の寺院である。室町時代に建立されたとされる歴史ある寺社で、今では正倉院を始めとする歴史的建造物が約50件以上ある。

最も有名な建造物として、国宝にも指定されている正倉院がある。その他、明治時代に建てられた別院などもあり、古い建造物が多く残されている。朝拝堂なども美しい建造物が多くある。

毎月第3日曜日には、社殿の前で行われる「祭神大会」が行われる。また、毎年5月には「浄土八景祭」も開催される。

香川に来た際は、歴史ある建造物を見るだけでなく、正倉院や社殿の前で行われる行事を体験してみるのもおすすめだ。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。