西圓寺(Saionji)は、江戸時代から続く歴史的な寺院です。本堂は、1605 年に江戸幕府の加藤清正と、後藤家の元頭後藤正長によって建てられました。その後、江戸時代後期には、山門も建てられました。本堂は、細工された木彫りの屏風に囲まれ、多くの僧侶が住み着いています。山門は、大きな石柱と柱の輪が特徴で、豪華な装飾が施されています。西圓寺は、歴史的な建築物を保存し、現代の人々に文化的な利益を提供しています。
西圓寺


西圓寺の地図情報☜

西圓寺について

西圓寺は長門市仙崎にある浄土宗の古刹で、大内義隆の念持物や和漢の書を秘蔵するという由緒ある寺です。入口は正面でなく、本堂左右両端に男女の入口を別々とする特異な形式をもっています。山門は、江戸時代に萩の大照院にあったが、明治前期に西圓寺に移ったものです。宝物殿には大内義隆公の守本尊千手観音像、諸名家の遺墨集「古手鏡」、200年前の入歯があります。また境内の青蓮の池に生育するアオバスは、つぼみのときは青色、開花時は純白となる珍しいハスです。花びらの多いシナバスの俗称、廬山白(ろざんしろ)と称する品種で、ひとつの花に130枚ほどの花弁がつきます。6月下旬から8月にかけて開花し、見ごろは7月上旬ごろです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4106 
山口県長門市仙崎大日比2439

交通アクセス

(1)JR美祢線長門市駅から20分((通方面行き「隠居所前」下車))

すべての基本情報を見る

西圓寺(Saionji)は、江戸時代から続く歴史的な寺院です。本堂は、1605 年に江戸幕府の加藤清正と、後藤家の元頭後藤正長によって建てられました。その後、江戸時代後期には、山門も建てられました。本堂は、細工された木彫りの屏風に囲まれ、多くの僧侶が住み着いています。山門は、大きな石柱と柱の輪が特徴で、豪華な装飾が施されています。西圓寺は、歴史的な建築物を保存し、現代の人々に文化的な利益を提供しています。

西圓寺は、平安時代末期に奈良の土佐国の祝良大夫・清海法明が創建した仏教寺院です。開山するにあたっては、仏教伝来担当の第 25 代天皇の許可を得て、鎌倉時代中期に開山されました。西圓寺の最も著名なものとして、本尊である釈迦如来像が有名です。他にも、豊かな自然の環境の中で設けられた山門や堂門などが有名です。

西圓寺は、多くの人々を魅了する場所として有名です。また、歴史的な建物の文化的価値を保護するため、訪問者には特別な割引料金が提供されています。西圓寺は、参拝者に静かな空間を提供し、宗教信仰の場として確立された場所でもあります。また、西圓寺の周辺には、素晴らしい美術館やギャラリー、雑貨店などがあり、観光客も多く訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。