極楽寺は、鎌倉時代に創建された金銅一光三尊立像(仏護法像)を祭る寺院です。元々は鎌倉幕府が創建した山門寺として栄えましたが、室町時代から徳川幕府の勅願により金銅一光三尊立像を祀るようになりました。その後、17 世紀から18 世紀にかけて、徳川家康や徳川家光などの内家が極楽寺を改築し、金銅一光三尊立像を開眼しました。

金銅一光三尊立像は、金色の兜を被った阿弥陀仏、菩薩童子、千手観音の三尊像で、極楽寺の特徴として今なお祭られています。金銅一光三尊立像は、徳川家康が金銅を使って開眼したもので、極楽寺の特徴として、今なお多くの信者が集まって祭りを行っています。

金銅一光三尊立像は、極楽寺を改築した徳川家康などにより開眼されたもので、今なお多くの信者が訪れて祈りを捧げています。また、金銅一光三尊立像を祭ることで、信者の苦しみを癒すという利益もあります。

極楽寺【金銅一光三尊立像】


極楽寺【金銅一光三尊立像】の地図情報☜

極楽寺【金銅一光三尊立像】について

真言宗の寺で、極楽寺蔵の金銅一光三尊立像は、県の文化財に指定されています。像は、一個の舟形光背(ふながたこうはい)を背にして、三尊が立つ金銅仏で、光背の高さ53.8cm、仏像の高さは中尊41cm、脇侍各 29cm。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4106 
山口県長門市仙崎新町1504

交通アクセス

(1)JR仙崎駅から10分

すべての基本情報を見る

極楽寺は、鎌倉時代に創建された金銅一光三尊立像(仏護法像)を祭る寺院です。元々は鎌倉幕府が創建した山門寺として栄えましたが、室町時代から徳川幕府の勅願により金銅一光三尊立像を祀るようになりました。その後、17 世紀から18 世紀にかけて、徳川家康や徳川家光などの内家が極楽寺を改築し、金銅一光三尊立像を開眼しました。

金銅一光三尊立像は、金色の兜を被った阿弥陀仏、菩薩童子、千手観音の三尊像で、極楽寺の特徴として今なお祭られています。金銅一光三尊立像は、徳川家康が金銅を使って開眼したもので、極楽寺の特徴として、今なお多くの信者が集まって祭りを行っています。

金銅一光三尊立像は、極楽寺を改築した徳川家康などにより開眼されたもので、今なお多くの信者が訪れて祈りを捧げています。また、金銅一光三尊立像を祭ることで、信者の苦しみを癒すという利益もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。