西圓寺(Saionji)は、江戸時代から続く歴史的な寺院です。本堂は、1605 年に江戸幕府の加藤清正と、後藤家の元頭後藤正長によって建てられました。その後、江戸時代後期には、山門も建てられました。本堂は、細工された木彫りの屏風に囲まれ、多くの僧侶が住み着いています。山門は、大きな石柱と柱の輪が特徴で、豪華な装飾が施されています。西圓寺は、歴史的な建築物を保存し、現代の人々に文化的な利益を提供しています。
西圓寺 本堂・山門


西圓寺 本堂・山門の地図情報☜

西圓寺 本堂・山門について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4106 
山口県長門市仙崎大日比2111

電話番号

0837-26-0665

すべての基本情報を見る

西圓寺(Saionji)は、江戸時代から続く歴史的な寺院です。本堂は、1605 年に江戸幕府の加藤清正と、後藤家の元頭後藤正長によって建てられました。その後、江戸時代後期には、山門も建てられました。本堂は、細工された木彫りの屏風に囲まれ、多くの僧侶が住み着いています。山門は、大きな石柱と柱の輪が特徴で、豪華な装飾が施されています。西圓寺は、歴史的な建築物を保存し、現代の人々に文化的な利益を提供しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。