清鏡寺は、清水宗治が志した宗門宗治の供養塔であり、1586年(天正3年)に開創されました。この寺院は、平安時代の破天荒な戦乱の時代において、この地域に平和をもたらすため、清水宗治が志した宗門宗治の供養塔として形作られました。

清鏡寺は、宗門宗治の功績を祝うために、古くから多くの供養塔を備えることで知られています。その他、神社や墓地などがあり、宗治の遺骨を供える他、祈祷を行う場所としても重要な役割を担います。

また、清鏡寺では、毎年、清水宗治の命日にあたる7月18日には、祈祷会が開かれます。毎年多くの供養者が訪れ、祈願を行います。また、清鏡寺の仏像や建物などは、観光客にも人気があり、多くの観光客が訪れ、祈願を行うなど、清鏡寺が多くの利益をもたらしています。
清鏡寺【清水宗治主従の供養塔】


清鏡寺【清水宗治主従の供養塔】の地図情報☜

清鏡寺【清水宗治主従の供養塔】について

豊臣秀吉の水ぜめで知られる備中吉備郡高松城の城主清水宗治の菩提寺で、「清水宗治主従の供養塔」があります。古くは吉祥寺と称していたが、分禄3年(1594年)清鏡寺と改めました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒743-0021 
山口県光市浅江2丁目1-14

交通アクセス

(1)JR山陽本線光駅から5分(→ 浅江から徒歩3分)

すべての基本情報を見る

清鏡寺は、清水宗治が志した宗門宗治の供養塔であり、1586年(天正3年)に開創されました。この寺院は、平安時代の破天荒な戦乱の時代において、この地域に平和をもたらすため、清水宗治が志した宗門宗治の供養塔として形作られました。

清鏡寺は、宗門宗治の功績を祝うために、古くから多くの供養塔を備えることで知られています。その他、神社や墓地などがあり、宗治の遺骨を供える他、祈祷を行う場所としても重要な役割を担います。

また、清鏡寺では、毎年、清水宗治の命日にあたる7月18日には、祈祷会が開かれます。毎年多くの供養者が訪れ、祈願を行います。また、清鏡寺の仏像や建物などは、観光客にも人気があり、多くの観光客が訪れ、祈願を行うなど、清鏡寺が多くの利益をもたらしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。