洞泉寺(山口県岩国市)


洞泉寺(山口県岩国市)の地図情報☜

洞泉寺(山口県岩国市)について

曹洞宗洞泉寺は紅葉谷公園の一角にあります。 吉川家歴代の菩提寺で、寺域内には岩国藩主吉川氏の墓所があります。 樹齢300年を越える枝垂れ梅「臥龍梅」をはじめ、梅の古木が約10本あり、土塀や門とともに落ち着いた景観を見せています。 大変残念なことに2004年の台風により、梅の幹や枝が折れる被害が発生し、樹形が変わり景観が損なわれましたが、その後、新しい枝が伸び落ち着いた風情を取り戻しつつあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒741-0081 
山口県岩国市横山紅葉谷公園

交通アクセス

(1)山陽自動車道岩国ICから7分

JR山陽本線岩国駅から20分((錦帯橋方面行)錦帯橋バス停下車)

JR山陽新幹線新岩国駅から10分((錦帯橋方面行)錦帯橋バス停下車)

錦帯橋バス停から10分

すべての基本情報を見る

洞泉寺は、山口県岩国市にある寺院です。洞泉寺は古くから多くの信仰者を集めており、歴史的にも重要な寺院として名高いです。洞泉寺は、信仰者の皆様において多くの利益を提供しています。その中でも特に注目されるのが、洞泉寺が持つ養生効果です。洞泉寺では、空気清浄機を導入しているため、養生効果が期待できます。また、洞泉寺では、宗教的な学問を学ぶ機会を多くの来訪者に提供しています。洞泉寺では、さまざまな文化的なイベントも随時開催しています。これらのイベントは、多くの人々が参加し、友情を深める機会となっています。さらに、洞泉寺は、多くの信仰者を集めるための様々な慈善活動を行っています。こうした活動に参加することで、信仰者の皆様がもっと深く仏教と繋がることができます。



洞泉寺は山口県岩国市にある、開設以来約1200年以上の歴史を持つ歴史的な仏閣です。創建者は創建者は本能寺経の法顕上人とされており、当初から数多くの仏教関係者が集まっていました。洞泉寺は東洋思想を受け継ぎ、禅宗である曹洞宗の本山としても知られています。

洞泉寺の山門は中国宋代の様式を模倣したもので、細部に至るまで精巧な装飾が施されています。また、境内には本殿、聖徳院、金堂など複数の仏殿があり、一部は国の重要文化財に指定されています。

洞泉寺では、毎年夏には「大文字祭」と呼ばれる仏教行事が行われます。この祭りでは、洞泉寺の聖徳院を中心に、お経を読み、花火や踊りなどが行われます。大文字祭は大歓迎され、多くの参加者が訪れ、多くの観光客が訪れる人気の行事となっています。

洞泉寺は、開設以来約1200年以上の歴史を持つ歴史的な仏閣です。洞泉寺は、山口県岩国市にある寺院です。1557年(安永元年)に建立された歴史ある建物として知られています。洞泉寺は、その名前の通り、洞泉池があることでも有名です。池は、全国でも有数の観光名所の一つとして知られています。洞泉寺は、平安時代から明治時代まで増設や改築を重ねて建立されました。池の周辺には、龍神大鳥居などの石像があり、幻想的な風景を楽しむことができます。また、洞泉寺内には、豊かな花景色が楽しめる庭園があり、多くの観光客を魅了しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。