岩隈八幡宮は、長野県上田市の岩隈八幡宮の八幡神社の別社(副社)として建立された木造扁額「八幡宮」です。「八幡宮」は、江戸時代から現在まで続いている歴史的な建造物であり、多くの伝統的な建物の中でも木造扁額として独自の存在感を放っています。

「八幡宮」は、写実的な彫刻と建物の形を通して、岩隈八幡宮に対する信仰の強さを表しています。また、歴史的な価値と技術的な魅力を兼ね備えた建物として、多くの研究者や保存意識の高い一般市民から高く評価されています。

「八幡宮」は、地域社会に多くの利益をもたらしています。その一つに、地域の観光客を増加させることが挙げられます。また、「八幡宮」を取り巻く環境を守り、地域性を活性化させるために、地域発展プロジェクトを実施していることもあります。

「八幡宮」は、長野県上田市における古い歴史と文化の継承を支えている歴史的な建物であり、多くの利益をもたらしています。そのため、今後も「八幡宮」を守り、継承していくことが重要であると考えられます。

岩隈八幡宮【木造扁額「八幡宮」独立性易筆】


岩隈八幡宮【木造扁額「八幡宮」独立性易筆】の地図情報☜

岩隈八幡宮【木造扁額「八幡宮」独立性易筆】について

玖珂六ヶ郷の惣社とされ、祭神は応神天皇、仲哀天皇など9座。県指定文化財で、杉材の額板に、隷書体で「八幡宮」と深く陰刻されている木造扁額「八幡宮」を所蔵しています。額縁も杉材で、棟木(むなぎ)を耳状、足柱(あしばしら)を猫足状に作っています。 棟木を含む足柱の高さ(総縦)103cm、棟木の幅(総横)78.7cm、厚さ2.1~2.2cm。独立性易は、中国浙江省の人、能書家及び医者として知られ、承応2年(1653)、明末の戦乱を避けて来日して僧侶となり、長崎に滞在しました。岩国藩主吉川氏の医療を行うため岩国に5回招かれましたが、名勝「錦帯橋」建造のヒントを与えた人物としてよく知られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-0322 
山口県岩国市玖珂町901-1

交通アクセス

(1)JR岩徳線 玖珂駅から5分

玖珂ICから10分

すべての基本情報を見る

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。