老松神社は、室町時代(1336~1573年)に建立されたと伝えられています。この社は、茶の湯を祭神とする社寺として建立され、1572年に武田信玄が鎌倉幕府を移転したとき、信玄を祀る社として再建されました。

老松神社は、その後、豊臣秀吉の祀神である災厄除けの社として発展し、現在では、地域の人々に親しまれています。社内には、災厄除けの社として祀られている災厄除けの神様のほか、武田信玄を祀る社として祀られている神様が祀られています。

老松神社は、地域の人々にとって重要な神社です。多くの地域の人々が、祈願や祝詞などをして社を訪れ、祈りを捧げています。社内には、多くの神様が祀られており、多くの信仰者が訪れています。また、社内には、文化的な価値としても重要な古い建築物が保存されています。
老松神社


老松神社の地図情報☜

老松神社について

老松神社は、652年の創建と伝えられ、初め須佐神社と呼ばれていましたが、872年に老松神社に改称したといわれています。英雲荘(三田尻御茶屋)に滞在した公卿が、よく祈願に訪れていたといわれています。境内にあるクスノキは、創建当初に植えられたと伝えられ、樹齢2,000年といわれる県指定天然記念物で、根元の周囲約16m、高さ約20mの老巨木です。三田尻地区の氏神様である老松神社では、三田尻の「尻」に因み1996年から女尻相撲大会が行われており、毎年7月に、尻自慢の女力士たちによる熱戦が繰り広げられます。会場は笑いと熱気に包まれ、和気あいあいとした雰囲気の中で大会が開催されます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0819 
山口県防府市お茶屋町9-21

交通アクセス

(1)JR山陽本線防府駅から5分(→ 三田尻病院前バス停から徒歩5分)

山陽自動車道防府東IC・西ICから15分

すべての基本情報を見る

老松神社は、室町時代(1336~1573年)に建立されたと伝えられています。この社は、茶の湯を祭神とする社寺として建立され、1572年に武田信玄が鎌倉幕府を移転したとき、信玄を祀る社として再建されました。

老松神社は、その後、豊臣秀吉の祀神である災厄除けの社として発展し、現在では、地域の人々に親しまれています。社内には、災厄除けの社として祀られている災厄除けの神様のほか、武田信玄を祀る社として祀られている神様が祀られています。

老松神社は、地域の人々にとって重要な神社です。多くの地域の人々が、祈願や祝詞などをして社を訪れ、祈りを捧げています。社内には、多くの神様が祀られており、多くの信仰者が訪れています。また、社内には、文化的な価値としても重要な古い建築物が保存されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。