法光寺【阿弥陀堂の仏像】

法光寺【阿弥陀堂の仏像】の地図情報☜

法光寺【阿弥陀堂の仏像】について

法光寺は、1186年(文治2)に、奈良東大寺再興のためこの地に下向した俊乗坊重源が建立した安養寺の遺構。阿弥陀堂には、5体の仏像が安置されています。
(1)木造阿弥陀如来坐像像高は128.7cm、ヒノキ材、頭、体部を両ひじまでふくめて竪一材から彫りだしています。
(2)木造菩薩形立像像高は142.2cm、ヒノキ材の一木造りです。
(3)木造十一面観音立像像高は130.2cm、ヒノキ材の一木造りで、内ぐりはなく彫法は簡略です。
(4) 木造不動明王立像像高は187cm、頭、体部をヒノキの一材から彫り出しています。
(5)木造毘沙門天立像

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0611
山口県山口市徳地鯖河内1444

電話番号0835-54-0932
交通アクセス (1)中国自動車道徳地ICから15分

すべての基本情報を見る

阿弥陀堂の仏像は、江戸時代(1603〜1868年)の初めに大坂藩主家茂比古によって開基された津久井禅寺の方丈にあります。宗教家・空海が訪れ、この仏像を崇めたことから、今では本間一家の神主として信仰者が多く訪れる場所となっています。

阿弥陀堂の仏像は、大坂の有名な観光地としても知られています。多くの観光客が訪れ、仏像の祈りに来訪する者も多くいます。また、褒め称えや祈願などを行うことで、幸運や健康などの利益を得ることができると信じられています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。