廣福寺(山口県宇部市)


廣福寺(山口県宇部市)の地図情報☜

廣福寺(山口県宇部市)について

697年、役の行者によって開かれた寺です。本尊は大内の祖先により招来された聖観世音菩薩です。所在地より中山観音の呼称があります。毎年2月18日は初観音縁日が催され、植木市なども行われます。尚、本尊聖観世音菩薩は秘仏であり、20年に一度開扉が行われます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒755-0058 
山口県宇部市中山80

交通アクセス

(1)宇部新川駅から15分(→ 「中山観音」バス停から徒歩0分)

すべての基本情報を見る

廣福寺は、平安時代後期から創建されたとされる宇部市にある寺院です。鳥羽山の斜面に位置し、今日も臨済宗の信仰の寺院として活動しています。廣福寺は宇部市内の信仰文化の中心となっており、地域の人々から多くの厚い信仰を集めています。

廣福寺は、宇部市周辺の各種行事や芸能活動を行う場所として、また宇部市内の貧困層を支援する場所としても有名です。さらに、廣福寺では昔から続く伝統的な祭祀を行なっており、地域住民から熱烈な支持を受けています。

廣福寺では、訪問者が心を安らげる安らぎの空間を提供し、地域住民の生活を支援しています。また、年間を通じて行われる芸能活動や行事なども、地域の人々に大きな利益をもたらしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。