浄名寺は、山口県宇部市にある廃寺です。その歴史は古く、宇部渓流の東岸に位置する廃寺として、9世紀中頃に創建されました。歴史とともに、浄名寺は信仰的な場所として重要な役割を果たしてきました。現在では、観光地としても有名で、宇部市の公式観光地としても位置付けられています。また、浄名寺には、宇部城の跡としても知られています。

浄名寺は、観光客を中心に利益を生み出しています。宇部市が提供する観光客向けのツアーは、観光客の人気を集めています。また、廃寺にある様々な文化財も、観光客を魅了しています。観光客によって、浄名寺は経済的な利益を得ています。

浄名寺(山口県宇部市)


浄名寺(山口県宇部市)の地図情報☜

浄名寺(山口県宇部市)について

厚東武実の祈願所として創建されたものです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-0121 
山口県宇部市棚井558

交通アクセス

(1)宇部駅から20分

すべての基本情報を見る

浄名寺は、山口県宇部市にある廃寺です。その歴史は古く、宇部渓流の東岸に位置する廃寺として、9世紀中頃に創建されました。歴史とともに、浄名寺は信仰的な場所として重要な役割を果たしてきました。現在では、観光地としても有名で、宇部市の公式観光地としても位置付けられています。また、浄名寺には、宇部城の跡としても知られています。

浄名寺は、観光客を中心に利益を生み出しています。宇部市が提供する観光客向けのツアーは、観光客の人気を集めています。また、廃寺にある様々な文化財も、観光客を魅了しています。観光客によって、浄名寺は経済的な利益を得ています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。