狗留孫山修禅寺


狗留孫山修禅寺の地図情報☜

狗留孫山修禅寺について

古来より山岳信仰、修験道の霊峰であった狗留孫山にたたずむ修禅寺は、西国の霊場として名高い真言宗の古刹です。 狗留孫(くるそん)とは梵語の音訳で「実に妙なる成就」を意味し、狗留孫山修禅寺は、御嶽 (おだけ) 観音として広く知られた弘法大師御開山、栄西禅師中興の観音霊場です。狗留孫山霊場八十八箇所総本寺でもあります。御本尊は十一面観世音菩薩です。 260haにも及ぶ寺有林には、老杉古木がうっそうと茂り、中でも市指定文化財「一本杉」は、樹齢1,000年を数える巨樹で、当山の歴史を物語っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒750-0405 
山口県下関市豊田町杢路子2643

交通アクセス

(1)JR川棚温泉駅から20分

小月ICから40分

美祢ICから45分

すべての基本情報を見る

古くは、唐の王朝時代に禅宗の僧、晩翠上人が宣教を行い、狗留孫山修禅寺を開山しました。その後、唐代から清代にかけて、僧侶たちが狗留孫山修禅寺を精励し、禅教を普及させました。狗留孫山修禅寺は、社会に良い影響を与えてきました。例えば、僧侶たちが農業を行い、多くの農民に食料を提供し、農民の生活を改善しました。また、僧侶たちが民間にスキルを伝授し、民間の労働力を向上させました。狗留孫山修禅寺は、今もなお数多くの人々に利益をもたらし続けています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。