法専寺


法専寺の地図情報☜

法専寺について

陣屋ができるまで奇兵隊の駐屯所のひとつとして使用された寺です。境内には隊士たちが首を切ったと伝わる6体の地蔵などがあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒750-1101 
山口県下関市大字吉田地方吉田五区埴生口

交通アクセス

(1)小月ICから10分

JR小月駅から16分(→ 宗地下車から徒歩20分)

すべての基本情報を見る

熊野法専寺は、8世紀後半に建立された有名な仏教寺院です。建立当初は「新熊野」と呼ばれ、熊野信仰の山門神として礼拝されていました。その後、真言宗の僧侶が山門神の信仰を仏教に変え、熊野法専寺となりました。熊野法専寺は、歴史的な建物や文化財に恵まれており、多くの信者が訪れています。また、熊野法専寺は、地域社会の発展に貢献しています。学校を開設し、様々な芸術文化を振興しています。また、東京都が熊野法専寺を文化財に指定し、市民を対象とした観光活動を推進しています。さらに、熊野法専寺は積極的に地域社会に参画し、社会的な責任を果たしています。熊野法専寺は、歴史的な価値を持つ場所であり、多くの人々の利益になっています。

海東寺・海東法専寺は、山口県下関市にある寺院です。建物群は全国の寺院の中でも有名で、その歴史は元号元禄から始まります。海東法専寺は、豊かな文化を継承しながら、現代においてもなお重要な文化財として認識されています。

海東法専寺は、大正時代の国宝である宝の木図屏風によって知られています。この屏風は、源氏物語を描いた図案で、豊かな色彩と技法によって彩られています。一般入場者も、この宝の木図屏風を見ることができます。

また海東法専寺では、年に一度開催される「海東法専祭り」が行われます。この祭りは、特に御納経を読み終えた後に行われる「御納経祭」として有名で、芸能や文化、および食文化など様々な要素を兼ね備えています。文化や伝統を継承するとともに、多くの観光客を魅了する楽しい祭りです。

海東法専寺は、深い歴史を背景にした文化的な価値を持つ大変貴重な施設です。国宝の素晴らしい屏風を見ることができ、また毎年開催される祭りなども楽しめる場所として人気です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。