快友寺【明版一切経】は、室町時代末期に築建された寺院です。寺院は豊臣秀吉の七条家の元住職・一条宗矩の功績により建立されました。経典の保存と研究を行う研究機関として寺院内に活動する研究員がいます。快友寺は、一切経を集約している大学であり、古い本や経典を研究したり、複製したりする研究所として活動しています。快友寺は、研究員が古い本や経典を研究し、新しい分野の知識を発見していくことで、豊かな文化を保存することに貢献しています。また、寺院内で開催される研究会や書籍を刊行することにより、学術研究に貢献しています。快友寺が持つ文化的利益は、人々に様々な知識を学ばせるということです。書籍を刊行することで、古い本や経典から学ぶことのできる知識を広く伝えることができます。また、研究会を開催することで、古い本の研究や新しい発見を広めることで知識を深めることができます。
快友寺【明版一切経】


快友寺【明版一切経】の地図情報☜

快友寺【明版一切経】について

快友寺は、長府藩の重臣桂広繁の所領(菊川町吉賀)にあった邸宅に没後建てられた寺で、桂家の菩提寺です。境内にある回転式経蔵に収納してある明版一切経は、県の文化財に指定されています。本書は、15世紀初期、中国・明代に彫られた版木をもとに、17世紀後半の中国・清代の補刻により印刷された一切経(大蔵経ともいい、仏教聖典の総称)。一枚の紙の大きさは、縦32cm、横58cmで五つに折られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒750-0316 
山口県下関市菊川町大字吉賀224

交通アクセス

(1)JR山陽本線小月駅から20分(→ 「楢崎」バス停から徒歩15分)

小月ICから12分

すべての基本情報を見る

快友寺【明版一切経】は、室町時代末期に築建された寺院です。寺院は豊臣秀吉の七条家の元住職・一条宗矩の功績により建立されました。経典の保存と研究を行う研究機関として寺院内に活動する研究員がいます。快友寺は、一切経を集約している大学であり、古い本や経典を研究したり、複製したりする研究所として活動しています。快友寺は、研究員が古い本や経典を研究し、新しい分野の知識を発見していくことで、豊かな文化を保存することに貢献しています。また、寺院内で開催される研究会や書籍を刊行することにより、学術研究に貢献しています。快友寺が持つ文化的利益は、人々に様々な知識を学ばせるということです。書籍を刊行することで、古い本や経典から学ぶことのできる知識を広く伝えることができます。また、研究会を開催することで、古い本の研究や新しい発見を広めることで知識を深めることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。