光福寺(広島県神石高原町)


光福寺(広島県神石高原町)の地図情報☜

光福寺(広島県神石高原町)について

文暦元年(1234年)の草創といわれる700余年の歴史のあるお寺です。樹齢150年とも200年とも言われる全長約60mの大きな松があります。東西に長く伸びたその姿は、二尾の龍が東西より相寄る姿に似ており、また、中央の真松の部分は善男善女の手を合わせた姿に似ている事から、「合掌二龍の松」と呼ばれ、古くより近郷の銘松名木として親しまれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-1603 
広島県神石郡神石高原町時安3248-1

電話番号

0847-85-2162

交通アクセス

(1)福山東ICから車で50分

(2)東城ICから車で55分

すべての基本情報を見る

光福寺は、広島県の神石高原町にある歴史あるお寺です。創建されたのは、未だに定かではありませんが、1033(寛政8)年前後とされています。その後、七福神が祀られたことから、七福神お寺とも呼ばれています。

光福寺は、開山者である武田信玄の勧めで、福を招き入れるお寺として創建されました。その為、多くの信仰者が訪れ、多くの祈りが叶うとされています。また、光福寺では、多くの仏具や経典などが保存されています。

また、光福寺は、参拝者にとって大きな利益をもたらしています。例えば、光福寺では、仏教の信仰を豊かにするための仏教教育を行っています。また、参拝者は、経典や仏具などを入手することができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。