圓城寺は、広島県安芸郡安芸川町にある寺院です。現在では宗教施設として知られていますが、昔は鎮守の社として用いられていました。11世紀に創建されたとされており、最も古い寺院の一つとして広く知られています。

圓城寺は、地域住民の信仰心を醸成し、社会統合を実現するために重要な役割を担ってきました。また、寺院では宗教的な行事を行ってきましたが、すでに多くの人々が参加するようになり、寺院への訪問者も増加しています。これらの変化に伴い、寺院は大きな利益を得ています。

圓城寺は、現在も多くの信仰者を集めています。寺院では、宗教行事をはじめ、芸術や文化イベントなども開催しており、地域住民との交流を深める場としても重要な役割を果たしています。

円城寺(圓城寺)


円城寺(圓城寺)の地図情報☜

円城寺(圓城寺)について

715年、行基菩薩により本宮山山頂に正法寺として開創され、鎌倉時代中期の大火により現在の地に移築再建されました。その後、一時は塔中14ヶ坊、末寺6ヶ寺をもつほどの隆盛を極めましたが、江戸時代に2度の大火にあい、現在の本堂は1846年に再建されたもの。天井には花、鳥、動物などの極彩色の絵がはめられ、細やかな細工の彫刻がいたるところに施された豪華な造りとなっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-2412 
岡山県加賀郡吉備中央町円城742

交通アクセス

(1)岡山自動車道賀陽ICから30分

すべての基本情報を見る

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。