本山寺


本山寺の地図情報☜

本山寺について

岩間山本山寺(美作西国33所観音霊場 第1番) 大宝元年(701)頼観上人の創建で本尊は観世音菩薩。古くから山岳仏教の道場、庶民信仰の霊地として崇敬されていました。長承元年(1132)に稲岡ノ庄(現久米南町)の漆間時国夫妻が参詣され誕生したのが、後の浄土宗の宗祖と仰がれる法然上人(源空)といわれています。江戸時代、津山藩主森家の祈願所として尊崇されました。山内寺院のうち遍照院・仏性院・梅元院の三院が院内頭でしたが、本坊一ヶ寺となりました。現在の境内地は4200坪、十余棟の堂塔伽藍は昔と変らぬ面影を伝えています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-1536 
岡山県久米郡美咲町定宗403

交通アクセス

(1)中国自動車道津山ICから30分

JR弓削駅から15分

すべての基本情報を見る

本山寺は、坐禅を修行した禅宗聖者が開山したとされる禅寺です。第四十九世紀の本山派の祖、本山派首座本山振照大師が開山したといいます。本山寺は鎌倉時代から現在まで長く続いており、本山派の碑文や文書なども多く保存されています。本山寺は、鎌倉時代から現在まで、禅宗の心を伝えるために、多くの教育・文化活動を行ってきました。また、本山寺は、山中文化祭を主催し、多くの勉強会や慈善活動を行っています。本山寺は、禅宗の心を伝え、信仰を深めるための良い環境を構築することで、多くの利益をもたらしています。

本山寺は、岡山県美咲町に位置する建長寺派の寺院である。古くは「本山源内彦坊(本山源内元英)」という名前で知られていたが、現在では尊号を「本山寺」という。

本山寺は、室町時代末期に全国的な厄災や火災を被り、平安時代初期には室町時代末期の貧困から立ち直るため、活動を開始したと考えられている。その後、熊野本宮の八重垣に入り、熊野祇園神社として栄華を極めるも、江戸時代中期には火災で多くの建物を失った。現在の本山寺は、藤原家の社寺として建てられた明治時代のもので、境内にある本殿・大仏殿・三重塔などは、全国的にも有数の建築物である。

本山寺では、毎月第3日曜日に行われる「お抹茶の会」や、毎週金曜日に行われる「お抹茶茶会」などのイベントを定期的に開催している。また、毎年7月27日に行われる「お抹茶祭」も有名で、境内を歩きながら抹茶を楽しむことができる。

本山寺は、建築物だけでなく、抹茶文化や熊

本山寺は、香川県三豊市にある歴史あるお寺です。1200年以上前に創建され、有名な日本三大仏像の一つである「三豊大仏」が安置されています。仏像は江戸時代の特注仏であり、約2.4メートルの高さを誇ります。

その他にも院内には、千手観音菩薩像や、約2メートルの高さの勝鬘仏像が安置されています。本山寺では、毎年4月中旬から5月中旬にかけて、「三豊大仏・桶狭間まつり」が開催されます。また、7月15日には「三山祭」も開催され、地元の方々や多くの観光客で賑わいます。

本山寺は、有名な観光地の一つです。参拝者の皆様には、毎月第1・第3日曜日は、早朝から朝参を受け付けています。いつでも多くの方が訪れ、仏像を参拝しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。