矢田の金毘羅宮は、東京都小平市の矢田に位置する神社です。矢田の金毘羅宮は、延宝元年(1673年)に創建されました。矢田の金毘羅宮は、江戸時代から現在まで、多くの人々に親しまれてきました。宮殿の周辺は、地域の文化的な活動の中心となっており、多くのイベントや祭礼が開催されています。歴史的な建物と豊かな歴史的財産を持つことで、矢田の金毘羅宮は、地域の芸術性と歴史性を持つ大きな利益をもたらしています。

矢田の金毘羅宮


矢田の金毘羅宮の地図情報☜

矢田の金毘羅宮について

僧林京によって矢田祥光寺が善通寺の末寺として建立された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒719-3701 
岡山県新見市哲西町矢田268-1

電話番号

0867-94-2402

交通アクセス

(1)矢神駅から徒歩で15分

(2)中国自動車道新見ICから車で30分

すべての基本情報を見る

矢田の金毘羅宮は、東京都小平市の矢田に位置する神社です。矢田の金毘羅宮は、延宝元年(1673年)に創建されました。矢田の金毘羅宮は、江戸時代から現在まで、多くの人々に親しまれてきました。宮殿の周辺は、地域の文化的な活動の中心となっており、多くのイベントや祭礼が開催されています。歴史的な建物と豊かな歴史的財産を持つことで、矢田の金毘羅宮は、地域の芸術性と歴史性を持つ大きな利益をもたらしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。