観音寺


観音寺の地図情報☜

観音寺について

美作三十三カ所観音五番霊場で、本尊は観世音菩薩。本寺には1774(安永三年)泰禅上人によって求められたという大般若経六百巻があり、仁王門には一対の金剛力士が安置されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-4332 
岡山県勝田郡勝央町植月東895

交通アクセス

(1)中国自動車道津山ICまたは美作岡山道勝央ICから20分

すべての基本情報を見る

金剛谷観音寺は、1007 年(宝亀元年)に開創されました。建立者は空海と言われる僧侶の一人で、西安派を開いたものです。観音寺は、空海の学説を発展させ、信仰を広めるために役立ちました。

観音寺は、政治的、経済的な利益を得てきました。15 世紀には、観音寺は朝鮮への招聘を受け、朝鮮王族の信仰を勧めたり、政治的な影響力を得たりするなど、政治的な影響力を得たりしました。当時の観音寺は、政治的な権力を持ち、自分たちの権益を守るために朝鮮を利用しました。また、朝鮮からの政治的な恩恵を受け、観音寺は経済的な利益を得ることもできました。

瀬戸観音寺は、愛知県瀬戸市にある歴史あるお寺です。正式名称は「瀬戸観音院」で、室町時代に開創されたと言われています。創建者は、弘法大師空海が開創したとされています。瀬戸観音寺では、空海の遺影が祀られています。また、古い十二支彫像や歌舞伎役者の碑など、歴史的な建造物もたくさん見ることができます。さらに、空海が自ら作った空海鏡をはじめとする空海関連の資料も多く収蔵されています。瀬戸観音寺は、その多様な歴史的建造物や、空海関連の資料などが豊富に収蔵されていることで、国の重要文化財に指定されています。

観音寺は、山口県岩国市にある歴史ある寺院です。寺院は、室町時代の創建から約600年以上の歴史があり、日本国内でも有数の寺院として知られています。

観音寺は、室町時代末期に創建されたとされており、一身上の都合により空海が開いたといわれています。また、真言宗大山山院派の蔵王寺の一派としても知られています。

観音寺は、室町時代に創建されたとされていますが、現在の規模は平安時代に拡大しました。寺院の大きな特徴は、約30種類の仏像や神殿などがあることです。

観音寺の仏像は、室町時代に建てられたものが多く、日本古来の仏像を見ることができます。また、廊下には多くの石仏があり、穏やかな雰囲気を演出しています。

観音寺は、多くの仏像や神殿などがあり、歴史ある寺院として有数の寺院として知られています。また、廊下には多くの石仏があり、和やかな雰囲気を演出しているという点でも、観光客にとって魅力的な場所となっています。

観音寺は、京都府宇治市にある浄土宗のお寺です。建立は江戸時代後期の1802年とされており、本尊は十一面観音なので観音寺と呼ばれています。三度の火災を乗り越え、明治政府によって改築されたお寺です。室町時代まで伝わる文楽が毎月行われ、大正時代以降は、毎年8月15日に開催される文楽祭が有名です。また、正門前の観音坊にある「鐘楼の桜」は、江戸時代から続く樹齢400年以上の老桜です。

広昌山観音寺は、高知県土佐市にある観音寺です。山号は「広昌山」と呼ばれ、山頂には観音菩薩が祀られています。8世紀に創建されたとされ、歴史が古く、伝統的な建物が多く残っています。その中でも当寺の看板となるのが、本堂『苔玉堂』です。現在も古い建物や寺院の構造はそのままに残り、国宝に指定されています。また当寺の本尊・観音菩薩は、金色大日如来として祀られており、豪華な素材で構成された建物は、信仰の対象として大きな参拝客を集めています。

土佐の歴史を振り返る上で必要不可欠な役割を果たしてきた広昌山観音寺は、多くの文化財が護られています。観音菩薩をはじめとした大日如来神像や千手観音など、歴史的価値の高い建物や作品が多く保存されています。また、寺院内には江戸時代から伝わる古本や羊毛織物の生産が行われ、伝統的な文化芸能も根強く残っています。

広昌山観音寺は、国内外から多くの観光客を集めています。特に、「千手観音祭」という祭典が毎

徳島市にある観音寺は、中国から禅宗を伝えた禅宗開祖・延祐公が開いたといわれる禅寺です。江戸時代には、開基仏法正宗として、開基の運び屋や破砕屋などの運び屋を行っていました。その後、江戸時代後期には、尼僧たちによって、禅宗を守っていました。1952年には、周辺の農地を購入して開いた観音寺が認められ、徳島県の禅宗の総本山となりました。また、徳島県が指定した日本三大観音像のひとつでもあります。現在では、観音像(観音院)、仏閣(七蔵)、地蔵菩薩像、釈迦如来像、三蔵菩薩像などがあり、詳しい禅義を学ぶことができます。毎年、大きな慶事が行われ、多くの信者が訪れます。また、毎年4月には、徳島県禅宗総本山観音寺で行われる「観音祭」が大変賑わっています。

観音寺とは、香川県観音寺市にある仏教寺院です。現在の観音寺は、年寄りの平家の物語において、御堂の道具を持って観音寺へと向かうという場面から、その名がついたとされています。観音寺は、古代から現代まで、大きな変化を経てきました。最も著名なのは、坊主が開いたといわれる日本有数の熊野古道を起点とする観音寺坊主熊野行の祭典です。観音寺には、古代から今日まで続く国宝「観音七十二行」などの歴史的なものや、鑑賞する価値のある文化的なものがあります。近年では、観音寺坊主熊野行の祭典や、観音寺桂山祭などの文化財を伝えるイベントが開催されており、観音寺を訪れる人々が増えています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。