菩提寺の歴史は古く、11世紀ごろに中国から伝わったとされています。菩提寺は、その名前の通り、仏教を学び修行し、精神的な充実を追求する修行所として長く重宝されてきました。

菩提寺は思想を発達させるとともに、宗教的な体験を深めるための施設として長く広く重宝されてきました。菩提寺は文学、芸術、音楽、美術などの芸術を学び修行するための教室としても利用されていました。また、宗教的な祭りが開催され、菩提寺から流れ出た教えは、今日でも多くの人々に影響を与えています。

菩提寺の利益は、宗教的な修行を行うことで得られるものがあります。菩提寺では、精神的な充実を得ることができます。また、菩提寺では、芸術、音楽、美術などの芸術を学び修行することができるので、芸術的な発展を得ることもできます。

菩提寺


菩提寺の地図情報☜

菩提寺について

900年の悠久の時を生き、時代の変遷を見守り続けてきた大イチョウ 古びた本堂や素朴な石積みが、うっそうとした杉木立に囲まれ、千数百年の霊地としての風格が漂っています。浄土宗知恩院派の寺院で、浄土宗の開祖・法然上人が幼年時代に修行した寺として知られています。もとは法相宗の寺で、奈良時代に行基が開いたとも、持統天皇の時代に役小角が開いたとも伝えられています。かつては、七堂伽藍三十六坊を誇る山岳仏教の拠点として栄えたと言われていますが、室町時代に兵火にあい、本堂のみ現存しています。 境内にそびえる大イチョウは、樹高約45m、目通り周囲約12m、推定樹齢900年を超える県下一の大樹で、国の天然記念物に指定され、また全国銘木百選にも選ばれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

その他:11月下旬~12月上旬 時期: 大イチョウの紅葉

その他:11月下旬~12月上旬 紅葉のシーズン: 例年の見頃

所在地 〒708-1307 
岡山県勝田郡奈義町高円1528

交通アクセス

(1)中国自動車道美作ICから30分

すべての基本情報を見る

菩提寺の歴史は古く、11世紀ごろに中国から伝わったとされています。菩提寺は、その名前の通り、仏教を学び修行し、精神的な充実を追求する修行所として長く重宝されてきました。

菩提寺は思想を発達させるとともに、宗教的な体験を深めるための施設として長く広く重宝されてきました。菩提寺は文学、芸術、音楽、美術などの芸術を学び修行するための教室としても利用されていました。また、宗教的な祭りが開催され、菩提寺から流れ出た教えは、今日でも多くの人々に影響を与えています。

菩提寺の利益は、宗教的な修行を行うことで得られるものがあります。菩提寺では、精神的な充実を得ることができます。また、菩提寺では、芸術、音楽、美術などの芸術を学び修行することができるので、芸術的な発展を得ることもできます。

菩提寺は、岡山県奈義町にある寺院であり、延喜式と称しています。菩提寺は、平安時代に創建されたとされ、歴史が古く、有名なお寺です。山門をくぐると、鳥居をくぐって奥深くにある六角形の建物である本堂があります。本堂内には、釈迦如来像、薬師如来像、唐草紋様壁画などがあり、大勢の信者で賑わっています。また、菩提寺には、青龍山という景勝にある塔頭があり、その先には塔頭廻廊があります。紅葉の時期には、紅葉が鮮やかに染め上げられ、とても美しい景色を楽しむことができます。菩提寺は、静かな場所であり、お参りをするなど、心身ともに癒されることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。