勝間田神社は、江戸時代の前期に建立されたとされています。江戸時代初期の東京都内において、細川家(後の藤原家)が権力を拡大した際、大坂八幡宮に由来する勝間田神社が建立されました。

勝間田神社は、安全祈願、家内安全、子供の豊かな成長を祈願する神社として、多くの信仰を集めてきました。また、勝間田神社は、江戸時代から近代に至るまで、東京都内で最大の伝統神社として重要な役割を果たしてきました。

勝間田神社は、地域社会の行事やイベントにおいて、多くの利益をもたらしてきました。地域社会では、勝間田神社をめぐる祭りや踊りなどの伝統的な行事が行われてきており、地域の人々の絆を強める場でもあります。

勝間田神社


勝間田神社の地図情報☜

勝間田神社について

「勝」が重なる縁起の良い神社 かつて出雲街道の宿場町として栄えた勝央町の中心・勝間田にある神社です。地名と合わせ4つの勝が重なることから、試験や試合に臨む人の参拝が増えつつあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-4316 
岡山県勝田郡勝央町勝間田287

交通アクセス

(1)中国自動車道津山ICまたは、美作岡山道勝央ICから15分

(2)JR勝間田駅から10分

すべての基本情報を見る

勝間田神社は、江戸時代の前期に建立されたとされています。江戸時代初期の東京都内において、細川家(後の藤原家)が権力を拡大した際、大坂八幡宮に由来する勝間田神社が建立されました。

勝間田神社は、安全祈願、家内安全、子供の豊かな成長を祈願する神社として、多くの信仰を集めてきました。また、勝間田神社は、江戸時代から近代に至るまで、東京都内で最大の伝統神社として重要な役割を果たしてきました。

勝間田神社は、地域社会の行事やイベントにおいて、多くの利益をもたらしてきました。地域社会では、勝間田神社をめぐる祭りや踊りなどの伝統的な行事が行われてきており、地域の人々の絆を強める場でもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。