住吉神社(徳島県藍住町)


住吉神社(徳島県藍住町)の地図情報☜

住吉神社(徳島県藍住町)について

源義経ゆかりの地

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒771-1265 
徳島県板野郡藍住町住吉字神蔵59

電話番号

交通アクセス

(1)勝瑞駅から車で10分

すべての基本情報を見る

藍住町のある徳島県にある藍住吉神社は、山間部にある藍住の村の吉神として知られています。藍住吉神社は、江戸時代から続いている古い神社で、宝永2年(1805年)に初めて建立されました。

藍住吉神社は、1階建ての建物に入口として大きな門があり、神社の奥にある建物を参拝するために通用口があります。神社の建物には、国宝に指定された金色の三重塔を中心に、社殿、宝物殿、拝殿、祈祷間、奥殿などがあります。

藍住吉神社では、年間を通して多くの神事が行われており、特に5月に行われる五穀豊穣祈願神事が有名です。この神事では、藍住吉神社の拝殿前に設置された草履台に神様がおり、草履を履いて神様をお迎えする神事が行われます。

また、藍住吉神社では、夏祭りや秋祭りなどの神事も行われており、多くの信仰者が訪れ、歴史的な神社を参拝する機会を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。