金剛福寺(高知県土佐清水市)


金剛福寺(高知県土佐清水市)の地図情報☜

金剛福寺(高知県土佐清水市)について

第三十八番札所金剛福寺。弘法大師が観音浄土である補陀落へと通じる場所として寺を開いたと伝えらています。うっそうと茂る亜熱帯樹林の中に立っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒787-0315 
高知県土佐清水市足摺岬214-1

電話番号

0880-88-0038

交通アクセス

(1)中村駅からバスで90分

すべての基本情報を見る

金剛福寺(こんごうふくじ)は、高知県土佐清水市にある歴史ある仏教寺院です。金剛福寺は、地元の土佐民族が創建したといわれています。現在では、金剛福寺は高知県の名門「土佐三社」の一つとして、多くの信者を集めています。

金剛福寺は、歴史ある建物を残しています。その中でも最も古いのは、16世紀の建物で、現在も維持されています。その他にも、17世紀、18世紀、19世紀の建物が残っています。また、それらの建物は、金剛福寺が持つ歴史的価値を表しています。

金剛福寺では、毎年3月に大きなお祭りが行われます。このお祭りは、土佐民族が金剛福寺を創建した時を祝うものです。お祭りの内容は、歴史的な舞踊、伝統的な衣装、お祭りの料理などがあります。

また、金剛福寺では、毎月第3日曜日に定期的な祈祷会が行われています。この祈祷会では、信者たちが祈りを捧げるのみならず、地元の音楽家が歌ったり、舞踊を踊ったりする場面もあります。

金剛福寺は、高知県土佐清水市にある歴史ある仏

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。