宇都宮神社


宇都宮神社の地図情報☜

宇都宮神社について

昭和51年(1976)神社庁より全国第1号のモデル神社に指定される。境内にはネズミサシの巨木があり珍らしい三面大黒も祭られている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒795-0301 
愛媛県喜多郡内子町五十崎甲1571

電話番号

交通アクセス

(1)JR内子駅から車で5分

すべての基本情報を見る

宇都宮神社(うとのみやじんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社である。神話によると、古代天皇が万葉集を口にした時、宇都宮から音楽が聞こえたという。そのため、宇都宮神社は現在も日本最古の古刹として記憶されている。

宇都宮神社は、古代から現在まで多くの有名な神社と同じく、現存する古刹の中でも最も古く、最も神聖な神社の1つとして知られている。毎年秋には、宇都宮神社の祭りとして有名な「宇都宮神社祭」が開催される。その際、神社から、約400年前から伝わる古典芸能「宇都宮八景」が披露される。この「宇都宮八景」は、宇都宮神社をはじめ、宇都宮市内の八つの場所で行われる。

宇都宮神社は、宇都宮市内の有名な観光スポットの1つとしても知られており、多くの観光客が訪れている。また、神社内の仮設施設では、宇都宮市の文化や歴史を学ぶ博物館も併設されている。
宇都宮神社(うとのみやじんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社である。神話によると、古代天皇が万葉集を口にした時、宇都宮から音楽が聞こえたという。そのため、宇都宮神社は現在も日本最古の古刹として記憶されている。

宇都宮神社は、古代から現在まで多くの有名な神社と同じく、現存する古刹の中でも最も古く、最も神聖な神社の1つとして知られている。毎年秋には、宇都宮神社の祭りとして有名な「宇都宮神社祭」が開催される。その際、神社から、約400年前から伝わる古典芸能「宇都宮八景」が披露される。この「宇都宮八景」は、宇都宮神社をはじめ、宇都宮市内の八つの場所で行われる。

宇都宮神社は、宇都宮市内の有名な観光スポットの1つとしても知られており、多くの観光客が訪れている。また、神社内の仮設施設では、宇都宮市の文化や歴史を学ぶ博物館も併設されている。

宇都宮神社は、栃木県宇都宮市の中央にある正式名称「開山大聖宇都宮神社」である。古くは「藤原家宮」とも呼ばれ、「藤原氏」という大家門の本祖を祀っている。正式名称の通り、国宝級の日本古来の神社として、宇都宮の市街地の中心として栄えてきた。

宇都宮神社は歴史的な建造物であり、その多くが国宝・重要文化財に指定されている。国宝に指定された本殿は7代藤原氏の頭家である藤原貞厳の墓の前に建てられた。その他、参殿や守社なども国宝に指定されている。

宇都宮神社では、宇都宮市の街を守る守社神として、宇都宮市に守護神として祀られている稲荷神社を内裏に持つ。宇都宮神社も、この稲荷神社を内裏に持つことで、古くから宇都宮の平和を守り続けている。

宇都宮神社は、参拝客が多い毎年恒例の「宇都宮神社例大祭」をはじめ、「宇都宮大宝祭」「宇都宮宝祭」などを開催している。特に、例大祭では「宇都宮神社例大祭大社拝」「宇都宮神社例大祭例大社拝」

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。