常行寺


常行寺の地図情報☜

常行寺について

本尊は日蓮の作といわれる大曼荼羅。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒768-0061 
香川県観音寺市八幡町2丁目3-1

電話番号

0875-25-3812

交通アクセス

(1)観音寺駅からバスで5分(市営のりあいバス(日曜運休))

琴弾公園前バス停から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

段落ごとに、

タグを使って見出しを作るのが一般的です。

正式には「増積寺」という名前で知られる、普請山寺院(ふれんざんじん)は、京都府南丹市にある寺院です。この寺院は、宋・元・明・清の中国の年間を取り入れた混沌な文化の名残を、現代の日本の文化に受け継いでいます。

本堂は、宋代の建築様式を採用しています。建物は、古い木材で作られたもので、宋朝の伝統的な建築様式を採用しています。また、寺院には、豊かな自然環境があります。宋朝の伝統的な文化をそのままに維持し、新しい文化を融合させています。

増積寺では、日本の伝統的な仏教行事が行われています。その中でも、菩提薩婆訶(ぼだいさばか)祭が特に重要な行事です。この祭りは、2月2日に行われます。その日には、増積寺から湯谷神社へのお祭りが行われ、さまざまな文化行事が行われます。

増積寺は、日本文化の伝統を守るとともに、新しい文化を受け入れる寺院です。中国の伝統的な文化が、日本の文化に受け継がれているので、この寺院には、両方の文化を
段落ごとに、

タグを使って見出しを作るのが一般的です。

正式には「増積寺」という名前で知られる、普請山寺院(ふれんざんじん)は、京都府南丹市にある寺院です。この寺院は、宋・元・明・清の中国の年間を取り入れた混沌な文化の名残を、現代の日本の文化に受け継いでいます。

本堂は、宋代の建築様式を採用しています。建物は、古い木材で作られたもので、宋朝の伝統的な建築様式を採用しています。また、寺院には、豊かな自然環境があります。宋朝の伝統的な文化をそのままに維持し、新しい文化を融合させています。

増積寺では、日本の伝統的な仏教行事が行われています。その中でも、菩提薩婆訶(ぼだいさばか)祭が特に重要な行事です。この祭りは、2月2日に行われます。その日には、増積寺から湯谷神社へのお祭りが行われ、さまざまな文化行事が行われます。

増積寺は、日本文化の伝統を守るとともに、新しい文化を受け入れる寺院です。中国の伝統的な文化が、日本の文化に受け継がれているので、この寺院には、両方の文化を
段落ごとに、

タグを使って見出しを作るのが一般的です。

正式には「増積寺」という名前で知られる、普請山寺院(ふれんざんじん)は、京都府南丹市にある寺院です。この寺院は、宋・元・明・清の中国の年間を取り入れた混沌な文化の名残を、現代の日本の文化に受け継いでいます。

本堂は、宋代の建築様式を採用しています。建物は、古い木材で作られたもので、宋朝の伝統的な建築様式を採用しています。また、寺院には、豊かな自然環境があります。宋朝の伝統的な文化をそのままに維持し、新しい文化を融合させています。

増積寺では、日本の伝統的な仏教行事が行われています。その中でも、菩提薩婆訶(ぼだいさばか)祭が特に重要な行事です。この祭りは、2月2日に行われます。その日には、増積寺から湯谷神社へのお祭りが行われ、さまざまな文化行事が行われます。

増積寺は、日本文化の伝統を守るとともに、新しい文化を受け入れる寺院です。中国の伝統的な文化が、日本の文化に受け継がれているので、この寺院には、両方の文化を
段落ごとに、

タグを使って見出しを作るのが一般的です。

正式には「増積寺」という名前で知られる、普請山寺院(ふれんざんじん)は、京都府南丹市にある寺院です。この寺院は、宋・元・明・清の中国の年間を取り入れた混沌な文化の名残を、現代の日本の文化に受け継いでいます。

本堂は、宋代の建築様式を採用しています。建物は、古い木材で作られたもので、宋朝の伝統的な建築様式を採用しています。また、寺院には、豊かな自然環境があります。宋朝の伝統的な文化をそのままに維持し、新しい文化を融合させています。

増積寺では、日本の伝統的な仏教行事が行われています。その中でも、菩提薩婆訶(ぼだいさばか)祭が特に重要な行事です。この祭りは、2月2日に行われます。その日には、増積寺から湯谷神社へのお祭りが行われ、さまざまな文化行事が行われます。

増積寺は、日本文化の伝統を守るとともに、新しい文化を受け入れる寺院です。中国の伝統的な文化が、日本の文化に受け継がれているので、この寺院には、両方の文化を

正行寺とは、古来より山号として知られる山々の中から用心深く選ばれた山寺を指します。正行寺は、その来歴が浅く、歴史的な価値が低いとされてきましたが、近年では改めて正行寺の尊さとその保存の大切さが認識されています。正行寺は、浄土教、観音教、法華教、仏教など、いろいろな宗教が融合しているため、正行寺には、それぞれの寺院があります。正行寺の多くは、宗教的な建物ではなく、芸術的な建築物として見られています。最も古い正行寺の多くは、高台に築かれた石造りの建物で、現在もそのまま保存されています。正行寺には、さまざまな種類の仏像や石像があり、それらを見るだけでも、宗教的な価値を感じることができます。また、正行寺には多くの法要があり、それらの法要を参加することによって、宗教的な信仰を深めることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。