長善寺(徳島県東みよし町)


長善寺(徳島県東みよし町)の地図情報☜

長善寺(徳島県東みよし町)について

国指定の重要文化財がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒779-4703 
徳島県三好郡東みよし町中庄2586番地

電話番号

0883-82-2358

交通アクセス

(1)JR徳島線三加茂駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

長善寺は、徳島県東みよし町にある仏教寺院である。長善寺は、794年に室町時代に創建されたと言われている。創建より長善寺は歴史的な寺院として愛されており、現在では地元の人々や観光客からもたくさんの信仰を集めている。長善寺では、庭園、歴史的な建物、墓地も誇っており、また、内部には仏像が多数あり、聖徳太子をはじめとする仏像を拝める。長善寺は、唐突な山々に囲まれた古めかしい雰囲気の中で、開かれた中庭を挟んだところにあり、自然な景色と歴史的な建物などを楽しめる。また、東みよし町の主要な観光地としても人気があり、仏教文化を体験することができる場所としても有名である。
長善寺は、徳島県東みよし町にある仏教寺院である。長善寺は、794年に室町時代に創建されたと言われている。創建より長善寺は歴史的な寺院として愛されており、現在では地元の人々や観光客からもたくさんの信仰を集めている。長善寺では、庭園、歴史的な建物、墓地も誇っており、また、内部には仏像が多数あり、聖徳太子をはじめとする仏像を拝める。長善寺は、唐突な山々に囲まれた古めかしい雰囲気の中で、開かれた中庭を挟んだところにあり、自然な景色と歴史的な建物などを楽しめる。また、東みよし町の主要な観光地としても人気があり、仏教文化を体験することができる場所としても有名である。
長善寺は、徳島県東みよし町にある仏教寺院である。長善寺は、794年に室町時代に創建されたと言われている。創建より長善寺は歴史的な寺院として愛されており、現在では地元の人々や観光客からもたくさんの信仰を集めている。長善寺では、庭園、歴史的な建物、墓地も誇っており、また、内部には仏像が多数あり、聖徳太子をはじめとする仏像を拝める。長善寺は、唐突な山々に囲まれた古めかしい雰囲気の中で、開かれた中庭を挟んだところにあり、自然な景色と歴史的な建物などを楽しめる。また、東みよし町の主要な観光地としても人気があり、仏教文化を体験することができる場所としても有名である。
長善寺は、徳島県東みよし町にある仏教寺院である。長善寺は、794年に室町時代に創建されたと言われている。創建より長善寺は歴史的な寺院として愛されており、現在では地元の人々や観光客からもたくさんの信仰を集めている。長善寺では、庭園、歴史的な建物、墓地も誇っており、また、内部には仏像が多数あり、聖徳太子をはじめとする仏像を拝める。長善寺は、唐突な山々に囲まれた古めかしい雰囲気の中で、開かれた中庭を挟んだところにあり、自然な景色と歴史的な建物などを楽しめる。また、東みよし町の主要な観光地としても人気があり、仏教文化を体験することができる場所としても有名である。

長善寺は、徳島県東みよし町にある歴史あるお寺です。鎌倉時代に土佐国守・津村安定が開基したと伝えられ、日本国内で最古の大規模な仏教施設のひとつです。長善寺の本堂は、唐風建築をした平安様式の建物で、その本尊は、国宝「八坂上院」にもある大日如来を仰ぎ見ながら、仏法を説いています。長善寺の本堂は、草木と建物がつながり、どんな角度から見ても美しい構成をしています。また、長善寺には、鎌倉時代より続く彫刻の名品が多数あり、国の重要文化財に指定されています。

長善寺には、毎年2月中旬に開かれる「紅葉祭」があります。この祭りは、1200年以上の歴史を持ち、地元の人々が大勢参加して楽しむイベントです。紅葉祭では、長善寺の本堂が赤い紅葉に囲まれ、唐風建築が一層輝きを増します。また、紅葉祭では、大きな鐘を鳴らしたり、長善寺の本尊大日如来を祀る儀式が行われます。

長善寺を訪れるには、徳島県東みよし町内にあるバス停「長善寺

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。