家浦八幡神社石鳥居


家浦八幡神社石鳥居の地図情報☜

家浦八幡神社石鳥居について

豊島石(角礫凝灰石)で造られた香川県では最古の石鳥居。室町時代に建てられた、県指定文化財にも指定されている鳥居で、その雄大な姿は昔の家浦八幡神社の社運隆盛を物語っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒761-4661 
香川県小豆郡土庄町豊島家浦

電話番号

交通アクセス

(1)土庄港から船で50分

すべての基本情報を見る

鹿島家浦八幡神社(かしまやうらはちまんじんじゃ)は、奈良県吉野郡大淀町にある神社です。鹿島家浦八幡神社は、奈良時代の創建とされており、古くから神社として格式を誇るなど歴史的価値も非常に高い神社です。

鹿島家浦八幡神社の代表的な建物である石鳥居は、敷地内に建つ大きな石塔です。石鳥居は、三重の塔を支える石柱が古来から現存する建物で、江戸時代から現在に至るまで変わることなく存続しています。石鳥居の上層部には、鳥居を支える三本の石柱に繊細な彫刻が施されています。そのため、石鳥居は美しい彫刻と芸術的な石塔を楽しめる歴史的な記念碑となっています。

緑町の中心部に位置する家浦八幡神社石鳥居は、江戸時代前期の建築物です。山門として格調高い構造をしており、8基の山車があります。正面から見ると「十字形」になっていて、それぞれの山車の高さは約6mほどあります。また、山門には「三大神亀」と呼ばれる3種類の亀が彫られており、文化財になっています。

この石鳥居は毎年、8月1日に行われる「八幡神社祭り」の山門になっています。祭りの際は様々な芸能が行われ、多くの人が参加します。また、石鳥居の近くには「家浦八幡神社千本桜」があり、毎年4月〜5月に満開となります。

家浦八幡神社石鳥居は、緑町の観光スポットとして親しまれています。家族連れやカップルなどが毎年訪れ、写真を撮るのに最適な場所となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。