菅生神社


菅生神社の地図情報☜

菅生神社について

鎌倉時代前期の嘉永2年(1226年)の創建と伝えられる菅生神社。3月には戦国時代の名残を残す古式ゆかしい「百々手祭り」が、10月には時代絵巻さながらの奴行列が繰り出す秋祭りなどが行われます。「鎮守の森」の自然原生林は国の天然記念物。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒768-0101 
香川県三豊市山本町辻1433

電話番号

0875-63-3695

交通アクセス

(1)観音寺駅から車で15分

すべての基本情報を見る

菅生神社は、大阪府南河内郡藤代町にある神社です。また、菅生神社は、藤代町を本宮(ほんみや)とし、各地に分宮があります。藤代町の菅生神社は、大阪府の県庁所在地である豊中市に隣接しています。菅生神社は、古くから大阪の神社として栄えてきました。その名前の由来は、「藤代の繁栄」を願ってきたことに由来すると言われています。菅生神社では、大阪を代表する神社である約束社と言われ、約束社の慶弔祭(けいちょうさい)も行われています。また、毎年7月3日には、「夏の大宴会」が開催され、多くの人々が菅生神社を訪れています。菅生神社では、神社の境内には仏閣や八幡宮などがあり、見所もたくさんあります。また、菅生神社では、神社の前にある山門をくぐると、菅生の滝という滝があります。菅生神社では、歴史的建造物や神社の境内から景色を楽しめる見所もあり、また、菅生の滝や藤代町の街並みを楽しむこともできます。菅生神社は、大阪を代表する神社であり、大阪で観光を楽しむ方におすすめの場所です。

菅生神社は、茨城県つくば市にある神社です。現在の社殿は、江戸時代末期に建てられたものです。菅生神社は、菅原道真公によって建立されたと言われています。そのため、菅原道真公を祀るために作られたと言われています。菅生神社では、願い(祈願)をすることを推奨しています。また、菅生神社は、菅原道真公の生誕の地でもあります。境内内には、菅原道真公の墓があります。

菅生神社では、多くの祭りが行われています。その中でも最も有名なのは、「菅生大祭」です。菅生大祭は、毎年7月に行われます。この祭りでは、境内を彩る約100の舞踊が行われます。また、祭りの最終日には、「菅生大祭祭礼車」が神輿に乗って境内を回っていく様子が見られます。

菅生神社は、茨城県の観光スポットとしても人気があります。境内には、菅原道真公の記念碑や池などがあり、歴史的な建築物を見ることができます。また、境内には、開催されている祭りの風物詩や、菅原道真公を祀る社殿などもあります。菅生神社は、菅原道真公を祀る神社として、多くの人々

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。