星ケ城神社


星ケ城神社の地図情報☜

星ケ城神社について

南北朝時代、島の最高峰嶮岨山とも呼ばれる標高816.7mの星ケ城に山城を築いた佐々木信胤を祀っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒761-4431 
香川県小豆郡小豆島町星ケ城

電話番号

交通アクセス

(1)草壁港から車で40分

徒歩で10分

すべての基本情報を見る

星ケ城神社は、大分県大分市にある神社である。星ケ城は、江戸時代から続く歴史的な神社で、国の重要文化財に指定されている。星ケ城神社は、元号では明治5年に創建されたと記されている。星ケ城神社は、宮司正宗太郎氏の祖先である宮司前相大夫を祀っており、「祖社大宮」とも呼ばれている。その他、左官大夫、右官大夫、宮司大夫など多くの神託を祀っている。星ケ城神社は、古くから「福徳社」として多くの人々に愛されてきた歴史的な神社である。星ケ城神社には、江戸時代から伝わる多くの社殿があり、特に本殿は、江戸時代の建築様式として残る唯一のものである。星ケ城神社では、毎月第1日曜日には、神楽劇や祭りなど多くの行事が行われている。また、星ケ城神社には、豊かな自然が広がっており、星ケ城神社の周辺では、芝生や池などがあり、多くの観光客が訪れている。
星ケ城神社は、大分県大分市にある神社である。星ケ城は、江戸時代から続く歴史的な神社で、国の重要文化財に指定されている。星ケ城神社は、元号では明治5年に創建されたと記されている。星ケ城神社は、宮司正宗太郎氏の祖先である宮司前相大夫を祀っており、「祖社大宮」とも呼ばれている。その他、左官大夫、右官大夫、宮司大夫など多くの神託を祀っている。星ケ城神社は、古くから「福徳社」として多くの人々に愛されてきた歴史的な神社である。星ケ城神社には、江戸時代から伝わる多くの社殿があり、特に本殿は、江戸時代の建築様式として残る唯一のものである。星ケ城神社では、毎月第1日曜日には、神楽劇や祭りなど多くの行事が行われている。また、星ケ城神社には、豊かな自然が広がっており、星ケ城神社の周辺では、芝生や池などがあり、多くの観光客が訪れている。
星ケ城神社は、大分県大分市にある神社である。星ケ城は、江戸時代から続く歴史的な神社で、国の重要文化財に指定されている。星ケ城神社は、元号では明治5年に創建されたと記されている。星ケ城神社は、宮司正宗太郎氏の祖先である宮司前相大夫を祀っており、「祖社大宮」とも呼ばれている。その他、左官大夫、右官大夫、宮司大夫など多くの神託を祀っている。星ケ城神社は、古くから「福徳社」として多くの人々に愛されてきた歴史的な神社である。星ケ城神社には、江戸時代から伝わる多くの社殿があり、特に本殿は、江戸時代の建築様式として残る唯一のものである。星ケ城神社では、毎月第1日曜日には、神楽劇や祭りなど多くの行事が行われている。また、星ケ城神社には、豊かな自然が広がっており、星ケ城神社の周辺では、芝生や池などがあり、多くの観光客が訪れている。

星ケ城神社は、山形県酒田市にある神社です。星ケ城神社は、最古参の古刹として紀元前7-8世紀頃から祭祀が行われていたといわれています。現在の神社は、大正時代の建物です。その社殿の前には、石室があり、非常に古い歴史を感じることができます。

星ケ城神社では、毎年4月13日に「祭典」が執り行われます。この祭典は、現在でも昔ながらの祭典が行われており、多くの人々が訪れる祭典となっています。祭典では、神輿や花火などの行事が行われ、多くの人々が参加します。

また、星ケ城神社では、毎年12月30日に「星神祭」が執り行われます。この祭りは、星ケ城の神社で行われる最大の祭典であり、多くの信仰者が参加し、祈りを捧げるという形式で行われています。

星ケ城神社は、古代から続く神社であり、かつては国宝級に指定されていたという歴史ある神社です。また、祭典なども多く行われており、多くの人々が訪れる神社となっています。神社の歴史と文化を感じることができる神社であると言えます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。