伊曽乃神社


伊曽乃神社の地図情報☜

伊曽乃神社について

続日本紀にも名がみえる古社。神明造の社殿(1941年造替)を囲んで老樹が茂り境内は自然公園の観がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00 宝物館

休業:無休

所在地 〒793-0054 
愛媛県西条市中野甲1649

電話番号

0897-55-2142

交通アクセス

(1)伊予西条駅からバスで10分

徒歩で10分

(2)いよ西条ICから車で15分

すべての基本情報を見る

イソノ神社は、長崎県佐世保市にある神社です。同県で最も古い神社といわれ、日本書紀に登場する「豊前国イソノ神社」として、紀元前8世紀に祀られたと言われています。この地に神の祭祀場として存在してきた歴史は、古くから伝わる伝説や史料などから確認されており、現在も、多くの人々が神社へ参拝しています。

イソノ神社は、本殿や奥殿、社務所、参道などを含めた広大な敷地にあります。本殿は、前室と後室に分かれており、真ん中に社殿があります。後室には、「山神社」と呼ばれる神社があります。社務所は、参拝者の精神を落ち着かせる場所として使用されています。参道は、神社から神社への参拝者を歓迎する場所として、様々な儀式などが行われています。

イソノ神社は、古くから多くの神社で行われている祭事が多数行われています。毎年新月には、「神具祭り」が行われ、神社の神様を祝福する祭典です。5月3日には、「豊穣祭」が行われ、神社の神様を祝福し、繁栄を祈願します。また、11月23日には「祝宮参拝祭」が行われ、神社にある陰陽二宮を参
イソノ神社は、長崎県佐世保市にある神社です。同県で最も古い神社といわれ、日本書紀に登場する「豊前国イソノ神社」として、紀元前8世紀に祀られたと言われています。この地に神の祭祀場として存在してきた歴史は、古くから伝わる伝説や史料などから確認されており、現在も、多くの人々が神社へ参拝しています。

イソノ神社は、本殿や奥殿、社務所、参道などを含めた広大な敷地にあります。本殿は、前室と後室に分かれており、真ん中に社殿があります。後室には、「山神社」と呼ばれる神社があります。社務所は、参拝者の精神を落ち着かせる場所として使用されています。参道は、神社から神社への参拝者を歓迎する場所として、様々な儀式などが行われています。

イソノ神社は、古くから多くの神社で行われている祭事が多数行われています。毎年新月には、「神具祭り」が行われ、神社の神様を祝福する祭典です。5月3日には、「豊穣祭」が行われ、神社の神様を祝福し、繁栄を祈願します。また、11月23日には「祝宮参拝祭」が行われ、神社にある陰陽二宮を参

伊曽乃神社は、宮崎県林崎郡小林町にある神社です。伊曽乃神社は古くから伊曽乃神(伊豆の女神)を祀っており、伊豆の女神として非常に重要な役割を果たしてきました。伊曽乃神社は、日本神話における伊豆の女神の信仰祭りとして200年以上の歴史を持っています。伊曽乃神社は、毎年3月の伊豆の女神信仰祭りで有名です。その他にも、毎年6月に行われる伊豆の夏祭り「伊曽乃夏祭り」や11月に行われる「新婚行列」などの行事もあり、多くの人が訪れる人気の神社となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。