宇和津彦神社


宇和津彦神社の地図情報☜

宇和津彦神社について

初代宇和島藩主・伊達秀宗による城下の造成で、藩の一の宮と定められた由緒ある神社です。秋の例祭は、神輿の渡御や牛鬼などが町を練り歩き、神様への感謝が表され「八ツ鹿踊り」の奉納も行われます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒798-0044 
愛媛県宇和島市野川新13

電話番号

0895-22-1276

交通アクセス

(1)宇和島駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

宇和津彦神社は、宮崎県酒匂郡にある神社です。古代日本の秋田県で栄えた宇和津彦国という国がありましたが、その国の国祀神として祀られています。神社の正式名称は「宇和津彦大神社」で、「宇和津彦大君」という神が祭られています。宇和津彦神社では、宮崎県で最も古い神社として、毎年多くの人々が参拝しています。また、毎年、4月の第3土曜日には、「宇和津彦祭」が行われます。この祭りには、参拝者が多く、宇和津彦神社が一日にして有名な神社となることもあります。宇和津彦神社の周辺には、多くの神社や神宮があり、それぞれが祭礼を行っています。宇和津彦神社は、宮崎県を象徴する神社として、多くの人々から愛されています。
宇和津彦神社は、宮崎県酒匂郡にある神社です。古代日本の秋田県で栄えた宇和津彦国という国がありましたが、その国の国祀神として祀られています。神社の正式名称は「宇和津彦大神社」で、「宇和津彦大君」という神が祭られています。宇和津彦神社では、宮崎県で最も古い神社として、毎年多くの人々が参拝しています。また、毎年、4月の第3土曜日には、「宇和津彦祭」が行われます。この祭りには、参拝者が多く、宇和津彦神社が一日にして有名な神社となることもあります。宇和津彦神社の周辺には、多くの神社や神宮があり、それぞれが祭礼を行っています。宇和津彦神社は、宮崎県を象徴する神社として、多くの人々から愛されています。

宇和津彦神社は、和歌山県宇和島市にある神社です。江戸時代初期から現在に至るまで、宇和島の歴史を反映した神社として重要な役割を果たしてきました。神社内には、祭神として宇和島を守り続ける宇和津彦神と、その夫である宇和津神が祀られています。その他にも、宇和津彦神を守る「大山神」や、開発を祈願する「海守神」など、さまざまな神様が祭られています。

宇和津彦神社の外観は、江戸時代の建築様式である「隅田式」を踏襲しているため、伝統的な建物としても非常に魅力的です。境内には、宇和津彦神社の川原を流れる宇和津川があり、神社を取り巻く山々を望む景勝地からも美しい景色を楽しむことができます。また、宇和津彦神社では、毎年宇和津川沿いに「宇和津祭り」を開催しており、宇和島の街を巡る踊りや曳山などが見られる、夏の風物詩となっています。

宇和津彦神社は、宇和島の歴史を反映した神社であり、伝統的な建物としても魅力的な場所です。また、毎年実施

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。