若宮神社(愛媛県西予市)


若宮神社(愛媛県西予市)の地図情報☜

若宮神社(愛媛県西予市)について

拝殿の両側に河童の石像が狛犬のように若宮様をお守りしており、土地の人々はエンコ様と呼んで敬愛しています。向かって左側の河童は鯛を抱えており、このような狛犬は全国でもこれ一例のみです。この河童は、高山城主宇都宮修理太夫正綱公(若宮様)にまつわる伝説で、正綱公の恩情と、河童の恩返しを現しております。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒797-0201 
愛媛県西予市明浜町高山

電話番号

交通アクセス

(1)卯之町駅からバスで40分

西予宇和ICから車で30分

すべての基本情報を見る

若宮神社は、愛媛県西予市に位置する神社です。若宮神社は、古代神々の若宮大神を祀る社です。社務所は、明治3年(1870)に西予町役場が移転した際築造されました。祭神は、若宮大神とその子・若宮尊神です。また、本殿は、明治45年(1912)に竣工し、現在も維持されています。若宮神社では、5月には「おみそまつり」、7月には「若宮縁日」が行われます。また、毎年7月22日には、神職者が神楽を行う「若宮神楽」も開催されます。若宮神社は、西予市を象徴する神社であり、多くの方々に親しまれています。

若宮神社は、愛媛県西予市に位置し、古くから栄えた神社です。若宮神社は、今から紀元前4世紀ごろに、若宮禊という祭祀が行われていたとされています。その後、10世紀頃には「若宮社」として現在の名称が定まり、正式な神社となりました。若宮神社は、縁起物として、約80種類ものお守りや御朱印を納めています。神社の本殿には、国宝「若宮御魂絵巻」が展示されており、観光客にも人気があります。また、毎年4月には「若宮祭」が開催され、若宮神社を訪れる人々が多くなります。

若宮神社では、毎週金曜日には若宮大社拝殿で「若宮実礼」が行われています。若宮実礼は、神社の開かれるための祭祀で、若宮神社で最も古い伝統行事の一つです。また、若宮神社では、毎年1月1日に「お正月のお祓い」が行われており、豊かな一年を祈願する神事です。若宮神社を訪れる人々には、様々な特別な行事を楽しんでいただけるので、是非訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。