大川上美良布神社


大川上美良布神社の地図情報☜

大川上美良布神社について

美良布の川上様として知られる名社。祭神は大田田根子命。延喜式内社。社殿は県指定文化財になっている。社殿の規模は大きく木割も堂々として落ち着きを感じさせ、屋根は幕末の造りにしては美しく優美である。 現在の社殿は慶応元年(1865年)に起工し、明治二年(1869年)に落成したもの。
秋祭り(毎年11月3日)は特に盛大で、一に一宮の志那祢さま、二に韮生の川上さまと称され、古式にのっとった神輿のおなばれ行列が町内を練り歩き、大勢の人出で賑わう。社宝には県指定文化財である袈裟襷文(けさだすきもん)銅鐸2基がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-4211 
高知県香美市韮生野243

電話番号

交通アクセス

(1)JR土佐山田駅からバスで25分

アンパンマンミュージアム前から徒歩で1分

(2)高知自動車道南国ICから車で35分

すべての基本情報を見る

大川上美良布神社は、神奈川県相模原市にある神社です。江戸時代に建てられたと言われており、毎年7月7日には「草葉祭り」が開催されます。その他にも正月、大晦日、3月3日など、神社の行事がたくさん開催されています。大川上美良布神社では、「恵比寿神」を祀っており、恵比寿神は「良縁・福寿・安心・安全」を願う神様です。現在、主祭神は「太鼓神宮」と称しています。また神社の中には、「紅葉穴」という紅葉を見る井戸があり、毎年紅葉を楽しむ人が訪れます。大川上美良布神社は、神社のみならず、観光名所としても有名です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。