法泉寺(香川県高松市)


法泉寺(香川県高松市)の地図情報☜

法泉寺(香川県高松市)について

弘憲寺とともに近世初期に讃岐国を治めていた生駒家の菩提寺である。釈迦像の北側、奥まった場所に小さな半間四方の堂があり、生駒廟と呼ばれている。内部には生駒家二代 一正、三代 正俊の五輪塔(墓)が安置されている。五輪塔は花崗岩製の小さなもので、それぞれ戒名が墨書されている。なお、法泉寺の寺名は、生駒正俊の戒名に由来する。所蔵する「銅鐘」は、生駒家が朝鮮出兵・文禄の役のときに陣鐘として利用したものと伝えられている。鐘は銘によれば、元徳2年(1330)に備前・金岡庄(岡山市西大寺)の窪八幡にあったもので、県指定の有形文化財となっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒760-0017 
香川県高松市番町一丁目3-19

電話番号

087-821-7389

交通アクセス

(1)JR高松駅から徒歩で15分

(2)ことでんバス紺屋町バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

法泉寺は、高松市にある歴史ある寺院です。また、明治11年(1878年)に創建された香川県高松市の有名な歴史的文化財でもあります。

法泉寺には、古代から現代までの豊かな文化的資源を維持している建物や木々が数多くあり、多くの観光客に愛されています。また、法泉寺には、明治時代の建築物、歴史的な石碑、そして高松城跡などの他にも、豊かな芸術的資源もあります。

その他、高松市の名物として知られている「法泉駅」もあります。この駅は、本堂を望む素晴らしい景色を楽しむことができます。また、本堂の頂上からも松山湾を望むことができ、法泉寺から高松城への旅も心を込めて楽しむことができます。

法泉寺は、香川県の伝統的な歴史的文化財を守り続ける歴史ある寺院で、観光客にとても魅力的な場所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。