鑑雄神社


鑑雄神社の地図情報☜

鑑雄神社について

飢饉を救うため、藩に独断で御蔵米を分け与えたことにより、その責を負い自刃した役人「岡村十兵衛」を祀る神社。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-6742 
高知県室戸市羽根乙1336

電話番号

交通アクセス

(1)土佐くろしお鉄道奈半利駅から20分(羽根病院前下車徒歩5分)

(2)高知道南国ICから車で100分

すべての基本情報を見る

鑑雄神社(かんおうじんじゃ)は、島根県松江市にある神社です。松江城から徒歩約1.5kmの距離に位置し、令和元年(2019年)に六社合祀となった室町時代の名門神社です。

鑑雄神社は、島根県三大社の一つとして知られており、祭神には松江城守の国分寺鑑雄が祀られています。また、平成22年(2010年)には、県内の伝統的な歌舞・芸能を継承し、新しい形で伝えるために「松江市文化芸能振興協議会」が発足しました。

鑑雄神社では、毎年4月から10月にかけて、毎週日曜日に神輿を担ぐ巡拝が行われています。4月の初夏祭と10月の神輿祭は、ともに秋祭りに参加している神輿が担ぐので、ご祭神をお迎えする行事となっています。

また、鑑雄神社は、宮中神社・鳥居神社・千草神社・須馬神社・大和神社・白山神社の6社を合祀しており、山門の前には「六社合祀」の大殿が建っています。

鑑雄神社は、松江市を象徴する歴史ある神社であり、多くの市民が訪れて

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。