高照寺


高照寺の地図情報☜

高照寺について

本尊は南北朝時代、豪族山田氏が父母を弔うために奉納した千体地蔵で、県の保有有形文化財に指定。寺前の水路で祖先供養の千体流しが行われる頃には香北の山里にも本格的な春がおとずれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-4235 
高知県香美市香北町朴ノ木102

電話番号

交通アクセス

(1)JR土佐山田駅からバスで25分

朴ノ木口バス停から徒歩で15分

(2)高知自動車道南国ICから車で30分

すべての基本情報を見る

高照寺は、山口県周南市にある仏教寺院です。高照寺は、日本最古の仏教寺院の1つで、歴史が長い歴史を持っています。南都西国から伝わったと考えられていますが、確かな情報は確認できていません。高照寺は、日本古来の仏教の精神性を継承しつつ、現代仏教に影響を受けています。元来は鎌倉時代に建立されたと言われており、現在も鎌倉時代の仏教文化が遺構として残されています。そのほかにも、西国三十三所を巡拝する広島・山口道を担う入門寺としても重要な役割を果たしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。