八旛神社


八旛神社の地図情報☜

八旛神社について

当社は石清水八幡宮の御分霊を勧請した神社で、源平時代より河野家の信仰が厚く、源頼朝は別当円長に命じて平氏追討の祈祷をさせ、宝剣を奉納したという。その後井於郷別名が石清水八幡宮の神領となって、善法寺家の禁裡である仙洞御所、今川家、関東将軍家等の御祈祷所になった。又、建武中興の際は足利尊氏より、石清水八幡宮の安居頭料所として寄進があり、武門武将の崇敬が篤く、社運も隆昌であったが、戦国時代となり神領が衰頽した。天正年中、豊臣秀吉の四国征討で社殿、宝物など消失。元和元年神託によって毛利家が長州萩城下に当社を勧請し、伊予八幡と称した。その間、慶長5年には加藤嘉明の宝剣寄進があり、弘化2年に社殿消失、嘉永年間に再建した。(愛媛県神社庁HPより)
獅子王剣と称される神宝の僧定秀作の太刀があります。また、新居浜太鼓祭り最終日の10月18日には、川東西部地区、川東地区の太鼓台が、八旛神社の境内で勇壮華麗なかきくらべを行います。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒792-0871 
愛媛県新居浜市八幡2-4-69

電話番号

0897-32-4983

交通アクセス

(1)新居浜駅からバスで25分

すべての基本情報を見る

八旛神社は、静岡県富士宮市にある、神社の一つです。八旛神社は、古くから伝わる神社で、室町時代初期から静岡県内で最も古いと言われています。八旛神社の神様は、お稲荷、静岡県守護神として祀られており、東照大明神も祀られています。八旛神社は、元禄8年(1703年)に源氏十六代家の藤原宗章が創建したと言われています。現在、八旛神社は、静岡県内で最も有名な神社の一つで、毎年多くの人々が訪れ、祈願をしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。