稲荷山龍光寺


稲荷山龍光寺の地図情報☜

稲荷山龍光寺について

四国霊場41番札所。本尊は十一面観音。弘法大師自ら尊像を刻み、堂宇を建立して稲荷山護国院龍光寺と名付けられ四国霊場の総鎮守といわれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒798-1115 
愛媛県宇和島市三間町戸雁173

電話番号

0895-58-2186

交通アクセス

(1)伊予宮野下駅から徒歩で15分

(2)三間ICから車で5分

すべての基本情報を見る

稲荷山龍光寺は、大阪市の中心部にある龍光寺として知られる建物です。稲荷山に建てられた長崎県最古の寺院で、大阪市のシンボルとなっています。稲荷山龍光寺は、1590年に開創されたと言われていますが、明治時代に、建物は全面的に改築されました。その改築後は、南部風の建築様式になりました。その建物は、高さ20メートルの高石垣と重厚長大な本殿堂によって構成されています。本殿堂の外壁には、様々な形の屋根が彩られていて、大きな門楼もあります。中に入ると、本殿内部の装飾がとても美しく、二つの広場もあります。また、稲荷山龍光寺では、多くの文化的活動を行っています。毎年、春には神事が行われ、夏には夏祭り、秋には余禄祭、冬には稲荷祭が開催されます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。