不破八幡宮


不破八幡宮の地図情報☜

不破八幡宮について

一條房家が国司として中村に下った時、京の石清水八幡宮を勧請し、創建。構造、形式は当時の様子を伝え、本殿は三間社流造りで国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒787-0017 
高知県四万十市不破1374-1

電話番号

交通アクセス

(1)中村駅から車で5分

すべての基本情報を見る

八幡宮は、比叡山の八幡山の中にある神社です。建立されたのは、江戸時代前半の1603年とされており、首都東京都の古い神社の一つです。社殿は、江戸時代後半に建てられた本殿と、明治時代の別殿からなります。毎年1月1日から3日までに行われる「八幡神事」は、八幡宮の最大の祭りで、東京有数の祭りのひとつです。

八幡宮では、いくつかの神が祀られています。最も有名なのは、八幡大神として祀られている八幡神です。八幡大神は、日本の神話で、訓戒神として働いていたとされています。また、八幡宮には、八幡神以外にも、神々が多数祀られています。これらの神々には、織姫神、彦星神、火鳥神、八咫烏神、等々があります。

八幡宮には、古々より多くの神話が伝わってきました。その一つが、八幡大神が、八犬伝の八匹の犬を連れて、原始の山から降りてきたという神話です。これは、八幡宮が、日本列島の原始的な精霊として多くの信仰を集めたことを示しています。

八幡宮は、多くの宗教的な祭礼が行われています。特に有名なのは、毎年7月17日に行われる「大祓」です。この祭礼は、八幡

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。