龍光院(愛媛県宇和島市)


龍光院(愛媛県宇和島市)の地図情報☜

龍光院(愛媛県宇和島市)について

四国霊場第40番奥の院番外札所。初代藩主・宗秀が宇和島入部の際、宇和島藩の安寧と領民の安泰を祈願して宇和島城の鬼門にあたるこの地に建立された。市街地を望む展望がよく、松尾芭蕉の母が宇和島出身との説があることから芭蕉の句碑がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒798-0036 
愛媛県宇和島市天神町1-1

電話番号

0895-22-0527

交通アクセス

(1)宇和島駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

福岡公演の王光院は、宇和島市にある古刹です。830年に創建された歴史ある建物で、本尊は純金立仏である金色大日如来です。建物の中でも有名なのは、鶴屋と廣原門の2つです。鶴屋は、銅製の鶴が羽を広げている様子がとても印象的で、毎年多くの観光客が訪れています。また、廣原門は宇和島市の紋章をあしらった美しい門で、こちらも多くの観光客が訪れています。また、王光院には、有名な日本橋もあり、全長約180mと長大な橋で、昼夜ともに見る価値のある橋です。

王光院では、毎年5月5日に「お正月」が行われます。この日は、日本最古の神事のひとつである「祝賀大会」が行われ、多くの信者が訪れます。また、毎年6月には、宇和島市の文化芸術祭や金色大日如来祭などのイベントも開催されています。

王光院は、歴史的な建物としても、観光スポットとしても、多くの人々に愛されています。歴史ある建物を見ながら、神社仏閣を訪れるだけでなく、宇和島市で開催される多くのイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。