滝宮天満宮


滝宮天満宮の地図情報☜

滝宮天満宮について

学問の神様「菅原道真」が讃岐の国司として赴任した際に、阿野南条郡滝宮の官舎に住み、その跡地が神社の境内と言われている。受験シーズン、初詣には多くの参拝者が訪れる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:9:00~17:00

所在地 〒761-2305 
香川県綾歌郡綾川町滝宮1314

電話番号

087-876-0199

交通アクセス

(1)ことでん滝宮駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

滝宮天満宮は、大阪府大阪市天王寺区にある神社です。天満宮とは、「天満祭」という大神事を行う宮の名前です。神社は、豊臣秀吉が晩年、滝宮神社として開創したとされています。その後、明治時代に『天満宮』へと改称されました。天満宮は日本三大繁盛宮(奈良の東大寺、熊野古道の三室戸神社、大阪の天満宮)のひとつで、現在でもその名を誇ります。天満宮は、奈良にある東大寺と大阪にある天満宮を兼ね備えたような存在で、奈良の大神事と大阪の大神事を行ったり、日本三大春祭りのひとつである「天満宮大祭」を行っています。

天満宮は、本殿、大社殿、大祭殿、大鳥居、法華院および四門以上の五門のほか、数多くの神社建物があります。本殿は、豊臣秀吉が晩年、滝宮神社として開創したとされる天満宮の原祖神である稲荷大神を祀っています。また、大社殿では、天満神社の御祭神である天照大神様を祀っており、神社のお守り神様として信仰されています。法華院では、一年に一度、四国十二神社から参拝してきた十二神社の神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。