徳成寺


徳成寺の地図情報☜

徳成寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒760-0017 
香川県高松市番町2丁目13-25

電話番号

すべての基本情報を見る

徳成寺は、安政5年(1858年)に、稲盛家の八代将軍稲盛茂頼が建立した大規模な寺院です。建物は、南北の本堂と山門、西側には釈迦堂、東側には蔵書院、大権現堂、豊国荘などがあり、宝物館もあります。徳成寺では、日本武尊の稲盛家の遺志を受け継ぎながら、仏教活動を行っています。また、薬師如来、千手観音、釈迦如来、法華経、仏教絵巻などが建物内に展示されています。

徳成寺の本堂は、本尊の薬師如来像を祀っています。また、徳成寺では、毎年7月2日に「薬師大祭」が行われ、多くの信徒が参拝します。その他、「端午うまい祭り」「稲盛家墓参拝祭」「秋祭り」などが行われています。

徳成寺は、1884年に国宝に指定され、1937年に文化財に指定されました。また、稲盛家の遺骨が眠っている墓室もあります。徳成寺は、日本の文化や歴史を伝承する重要な寺院であり、多くの人々が参拝しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。