豊浜八幡神社


豊浜八幡神社の地図情報☜

豊浜八幡神社について

大楠、老松に囲まれた神社。秋季大祭は「ちょうさ」でにぎわう。厳島神社の大鳥居の主柱の一本には、豊浜八幡神社の楠が使われている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-1602 
香川県観音寺市豊浜町和田浜1577-1

電話番号

交通アクセス

(1)豊浜駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

豊浜八幡神社は、愛知県の名古屋市にある神社です。八幡神社として知られていることもあります。大正九年(1920年)、神輿が手押しされて創建された歴史を持つ神社であり、現在では、豊浜神社とも呼ばれています。

豊浜八幡神社は、八幡大社や八幡神社などと共に、全国八幡宮系神社の一つとして、二十六番札所に数えられています。八幡宮系神社では、縁結びの神様として、八幡大神官、稲荷大明神、御魂神などが祀られています。

豊浜八幡神社では、毎年4月1日には「春季例大祭」が行われます。例大祭では、総社まつりが行われ、神輿や大鼓などが運行されるなど、熱い熱血を見せます。また、夏季には「祭礼例大祭」が行われ、秋には「当七祭り」が行われています。

豊浜八幡神社は、豊浜市内を中心に、多くの地域から参拝が行われています。神社のある場所からは、豊浜市内を一望でき、また、名古屋湾を望む絶景が楽しめます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。