第5番札所 地蔵寺


第5番札所 地蔵寺の地図情報☜

第5番札所 地蔵寺について

822年、嵯峨天皇の勅願により弘法大師が開創した。大師が彫った本尊の勝軍地蔵菩薩は、甲冑をつけ馬にまたがるという勇ましい姿。後に浄函上人が延命地蔵を彫り、その胎内に勝軍地蔵菩薩を収めた。寺は源義経をはじめ多くの武将・藩主の信仰の対象となり広大な土地を有した。仁王門横の銀杏の木は見事。

表情も様々な羅漢さん義経の信仰の支えにも

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:7時~17時

その他:年中無休

所在地 〒779-0114 
徳島県板野郡板野町羅漢林東5

電話番号

交通アクセス

(1)JR高徳線板野駅より西へタクシー15分

すべての基本情報を見る

地蔵寺は、日本の金沢にある禅寺である。1596年に創建された歴史あるお寺で、山門や本堂などの建物が現存しており、金沢市開拓史跡に指定されている。地蔵寺は四国八十八か所巡りの5番札所にも数えられている。その他、金沢城内堀の外側にある地蔵尊なども参拝できる。

本堂内には、本尊の地蔵菩薩が安置されており、開拓の功労者・室町幕府改政官・徳川宗家の向島家蔵の功績をたたえる社殿がある。その他にも、建物群内には護摩窟や書院などがあり、古い日本の趣を楽しむことができる。

また、地蔵寺は金沢市民の心を温かくする存在として、毎年夏には「地蔵祭り」が行われており、多くの人々が参加している。また、地蔵寺とは関係ないが、金沢市内でも有名な「鴨ノ池」という観光スポットもあり、訪れる人々を魅了している。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。