金剛頂寺(西寺)


金剛頂寺(西寺)の地図情報☜

金剛頂寺(西寺)について

四国霊場第26番札所。【本尊】薬師如来。境内の霊宝館には多数の重要文化財を保存。県指定天然記念物「ヤッコソウ」の自生地でもある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:7:00~17:00

所在地 〒781-7108 
高知県室戸市元乙523

電話番号

0887-23-0026

交通アクセス

(1)土佐くろしお鉄道奈半利駅から40分(元橋下車 へんろ道を登って約25分)

(2)高知道南国ICから車で100分(国立室戸青少年自然の家近く)

すべての基本情報を見る

金剛頂寺(きんごうちょうじ)とは、京都にある寺院の一つで、東寺・西寺・南寺の三つの大仏閣からなるお寺です。西寺は、現存する唯一の多宝塔があり、開基された時からそのまま残されています。そのため、西寺を中心とした金剛頂寺は、文化財としても国宝級に指定されています。

西寺は、開基以来、金剛頂寺を象徴する大仏閣として格式高く、威厳を放っています。平安時代に建立されたとされており、当時の豊かな技術や文化が残されています。また、金剛頂寺の西寺を象徴する多宝塔は、その大きさや細部の彫刻が評価されています。

金剛頂寺を訪れると、その美しさを実感できます。多宝塔を中心に、豊かな建築技術が見られ、威厳を感じることができます。また、多宝塔の他にも、西寺には仏像や手水舎、石碑などがあり、訪れる人々を魅了しています。

金剛頂寺の西寺は、金剛頂寺を象徴する大仏閣であり、その大きさや細部の彫刻が評価されています。また、平安時代の建築技術を体験でき、豊かな文化を学ぶこともできます

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。