青龍寺


青龍寺の地図情報☜

青龍寺について

第36番札所、本堂にある木造愛染明王坐像は重要文化財に指定されています。弘法大師が修行先の唐から投げた独鈷杵(密教の法具)がこの地に刺さっていたため、独鈷山と名付けられたといわれています。本尊は海難守護や世の荒波から人を守る波切不動明王です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-1165 
高知県土佐市宇佐町竜163

電話番号

088-856-3010

交通アクセス

(1)高知駅から60分

宮前スカイライン入口(最寄りのバス停)から40分

土佐ICから20分

すべての基本情報を見る

成田山青龍寺(なりたやませいりゅうじ)は、千葉県成田市にある、日本最古の仏教寺院です。古くは神宮として祀られていましたが、現在では仏教寺院として祀られています。三国志伝の小説『三国志』にも古来より記されている、非常に古い寺院です。また、成田山の登山道として有名な聖徳太子通りもあります。

青龍寺は、四国八十八ヶ所巡礼の十六番札所の一つでもあり、古くから多くの信仰者が訪れています。その敷地内には、大きな正倉院と豊かな庭園があり、そのさまざまな景観が一望できます。また、青龍寺の寺門からは、日本海を望む絶景が広がり、とても美しい景色です。

青龍寺は、オンラインでも観光可能な地域となっています。寺のホームページを通じて、お寺の内部を見学することもできます。また、お寺のイベントやお祭りも定期的に開催されており、多くの人々が訪れます。

成田山青龍寺は、千葉の観光スポットとしても有名で、多くの人々が訪れる素晴らしい場所です。今でも多くの人々が訪れ、古き良き日本の文化を感じることができます。

青龍寺は、京都の祇園に位置する仏教寺院です。開基は慶喜天皇(845~881)74年(859)におよばれ、西大寺の一分法門として創建されました。現在の仏門は、1873年(明治6年)に太子妃御武権主尊の御恩を受け、再建されたものです。青龍寺の建物は、大仏殿、納経殿、御朱印室などがあり、その中でも大仏殿は、象嵌付きの青龍と黄龍が支えている床絵を特徴としています。また、納経殿は、西大寺300余年の歴史を記した納経壁画があり、他にも多くの名勝が青龍寺にあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。