栄福寺


栄福寺の地図情報☜

栄福寺について

四国霊場第57番札所。瀬戸内海での海難事故を嘆いた弘法大師が平穏を祈願したところ、海上に阿弥陀如来が出現し、この像を本尊として寺を建てたといわれています。入口で迎える「お願い地蔵」が人気です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒794-0114 
愛媛県今治市玉川町八幡甲200

電話番号

0898-55-2432

交通アクセス

(1)今治駅からバスで10分(木地口・葛谷/神子森行きバスにて「大須木」下車)

大須木から徒歩で25分

すべての基本情報を見る

栄福寺は、山口県萩市にある日本最古の寺院です。平安時代から続いている伝統的な日本的な建物として有名です。栄福寺は大きな二重の扉を入り口として、外国人の目に非常に興味深い建物として知られています。内部には、歴史的な建物である三つの門、中央にある本堂、そして本堂から二つの脇の廊下にある四つの小屋があります。栄福寺では、歴史的な建物を鑑賞するだけでなく、祈祷をするためにも利用されています。また、仏教の儀式や礼拝などのために参拝者が集まることもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。